« 賠償、補償の見当付かず | トップページ | 寂聴さんと慎太郎さん »

2011年4月13日 (水)

そう言えば、

 太田川沿いを走る時、基本は車道走行という話は随分前にしたけど、車道走行する際の車道の状態、具体的には比治山大学入り口から口田界隈のアスファルトは、波打ち、ヒビ割れで決して快適とは言い難い状況だったのだが、、、、、4月時点では、特に酷い区間では舗装が新しくなって快適である。勿論、未だに舗装が古い状態のままの部分もあるけど、走る場所によっては問題無い。

 信号で停まる回数が増えるけど、車道では対向自転車、併走自転車が居ないし、舗装も綺麗で言う事無し。

 この結構走りやすい状態になって二週間以上が経過するけど、不思議と車道で他の自転車と遭遇した事がない。自転車は99%というか100%が歩道を走っている。

 確かに、中央分離帯付きの片側二車線の幹線道路、自動車の量も少なくない。更には自動車の流れは40km/hということは無い。下手すりゃ、その倍程度の速度で流れている。
 自転車で走るにしてもふらつきは厳禁だし、キープレフトも必須。それが出来ないと危険きわまりないかもしれないが、それが出来れば案外安全である。

 そんな車道では1000m毎に信号に実質30秒程度引っ掛かる事が多い。車道での走行速度は40km/h弱だが、歩道を走る自転車は殆どが30km/h以下。それを車道側でクリアしては信号待ちで追い付かれるというパターン。因みに、1000mを40km/hで走行すると90秒、30km/hで走行すると120秒であり、近づいたり離れたりを繰り返す事が多い。勿論、全ての信号に捕まる訳ではないので、一回でも信号が青でスルー出来れば距離は一気に離れる。

 所要する時間は結果的に差は無いけど、車道を走れば40km/hで走ると言う事も可能。歩道では、路面の荒れ、歩行者、対向、並進の他の自転車を考えると危険過ぎる。そういう意味で車道はやはり具合が良い。

|

« 賠償、補償の見当付かず | トップページ | 寂聴さんと慎太郎さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そう言えば、:

« 賠償、補償の見当付かず | トップページ | 寂聴さんと慎太郎さん »