« 失われた国土と信頼の責任は? | トップページ | 小さい車 »

2011年4月15日 (金)

通説が通用しない?

今回の地震はノーマークだったそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000105-san-soci

であり、理由は歴史上の空白故に統計予測が出来なかったという話し。今回の地震が前例が無い、、、ということなら、発生する余震域も見当が付かず、余震域から離れた地域の地震も説明が付かない。

結果、今までの学問の上から説明されていた東海・南海・東南海とは連動しないという説自体も怪しくなる。連動せずとも連鎖するのか?という危惧は誰も抱いている不安。やはり、あれ程広い震源域という形で大きな地殻変動が起きたのである。近傍のプレートに掛かる応力関係(分布)も変化していると考える方が自然。勿論、応力が限界に近づいただけでなく、案外、限界から緩和方向に緩んだとも考える事が出来る。それは不明だけど、少なくとも、大地震誘発を唱える機関もある。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/502370/

である。その誘発される大地震が東海・南海・東南海地震で無い事を祈りたい。仮に、そうなると、、、多分、国難というか国家存亡に関わるだろう。そう言う事になると、、、瀬戸内地域以外は壊滅という事になる。そんな悪夢みたいな事は御免である。

|

« 失われた国土と信頼の責任は? | トップページ | 小さい車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通説が通用しない?:

« 失われた国土と信頼の責任は? | トップページ | 小さい車 »