« エネルギー消費の在り方が | トップページ | 時限的大連立か、、、 »

2011年4月 5日 (火)

検討の意味は?

 問題の原子炉、システム用電源が失われると、3時間40分後には圧力容器内の圧力が上がって容器が破損し、炉心の核燃料棒も損傷。格納容器も高圧に耐えきれず、6時間50分後に破損して、燃料棒から溶け出した放射性物質が外部へ漏れるのが判っていたそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000076-yom-sci

 でも、基本は放置プレーで今の結果。

 これで一番意味無いのは、検討結果をシステムに反映しなかったと言う事よりも、システムに結果を取り入れる気が無いのなら、何故、検討したの?ってところだ。やる気が無いなら最初から検討する意味無いだろうに、、、、

 する気がないのに、危機情報ばかり収集する。少なくとも、それに対して最小限の被害となるようにプランを練るという事が無いと全く無意味となる。

|

« エネルギー消費の在り方が | トップページ | 時限的大連立か、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検討の意味は?:

« エネルギー消費の在り方が | トップページ | 時限的大連立か、、、 »