« 寂聴さんと慎太郎さん | トップページ | 鋳物廃砂や石炭灰からゼオライト »

2011年4月14日 (木)

子ども手当廃止、、、なら、

復興財源を優先、、、、、それは理解できる。けど、、、、そうなら、今すぐ廃止では無かったの?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00001200-yom-pol

混乱という言葉でつなぎ方案で通す。半年先に廃止すると混乱しないの?っていうと、なかなか難しい理屈だ。

正直、民主党のマニフェストを復興という名目で全て撤回するならば、復興のための行政を担うに相応しい政府を選ぶのが大義の筈。

マニフェストを撤回する段階で、民主党は与党の存在価値を失っている。復興行政の舵をとるに相応しい政党は何処か?それの真を問うべきだろう。半年とか1年、2年というスパンで復興出来るものではない。ならば、今の段階で退場して、それに相応しい政党は何処か?それを問うべきだろう。

マニフェストと復興のスケジュールを提示せず、野党や世論の意見でフラッと身を翻す程度の考えなら、そこに信頼は置けない。

取り敢えず、管内閣は総辞職すれば良い。っていうか、今の管を支えてきた勢力は政府から身を引くべきだと思う。

少なくとも、やり玉に上がっているとしても、子ども手当、高速無料化は掲げたマニフェストであり、それで得た民意で政権を担っているならば、そのマニフェストを廃止して、マニフェストで否定した前制度+復興行政というならば、政権は返上しなければ整合性が合わない。
子ども手当、高速無料化という制度で必要な財源を限りなくゼロにするとか、一時凍結してという論法なら違和感はないし、その制度を発展的に復興予算捻出に結びつけるような施策ならば政権を担う資格があるだろうけど、それが無いなら政権から離脱すべきだろう。

個人的には、高速無料化に関しては、無料化して揮発油税を廃止して、炭素税で燃料消費で財源を補うのが良いと思う。揮発油税で53円/Lを炭素税で200~250円/Lにするとか、子ども手当なら現金支給は止めて、高校までの教育、給食費を無料化し、私学に関しては公立学校相当分を負担し、被災地の教育施設を国の負担で賄い、控除的な手法による減税や手当を廃止するとか、そういう手法で、掲げたマニフェストを昇華する方向に進まない限りは、やはり、民主党は与党から退くべきだろう。

まぁ、簡単に言えば、否定を下した判断を肯定するということは自己否定を意味するというだけの話。

|

« 寂聴さんと慎太郎さん | トップページ | 鋳物廃砂や石炭灰からゼオライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当廃止、、、なら、:

« 寂聴さんと慎太郎さん | トップページ | 鋳物廃砂や石炭灰からゼオライト »