« 迷い中 | トップページ | 信頼性と効率 »

2011年4月 3日 (日)

強度>重量>デザイン

 ラングスターの後継機、、ジオメトリー的にはSA75.5°、TOP520mmが理想。理想に適うのは、ラングスターの490サイズでSA75.5°、TOP518mmだけど、アルミフレームということは、少なくとも今のモデルと同じ末路を辿る、、、、クロモリラングスターもあるけど、あの形(クロモリホリゾンタル)なら、スペシャを買う必要もない。

 それで探している最中だけど、近いのが再々記事に登場しているHARPのCM-1000でSA75.5°、TOP530mmと、FELTのFootPrintでSA76°、TOP525mmというモデル。CM-1000は頑丈さ◎、形◎、カラー△、重量△というところ。FELTのモデルは頑丈さ?、形◎、カラー◎、重量◎というところ。

 で、一瞬はFELTのモデルに決め掛けていたのだけど、FELTのユーザーの意見を聞くと登坂でミシッ!って音がハンガー周りから聞こえる事もあるとの話。自分のラングスターはBB周りの剛性が完全に不足している感じだから、ピスト、トラック系モデルに求めるのはBB周りの剛性!ということで、今の時点ではFELTよりHARPのCM-1000が候補の上位である。
 少なくとも、手持ちの鋼材系フレームの車体の軋み音で不快に感じた事がないので、カーボンも良いけどスチール材にしようかな?と気持ちが揺れている。

 しかし、スチール材で見渡すと、取り敢えずジオメトリー的には多くのモデルが要求を満たしている。完成車なら上述のスペシャのラングスターの490サイズもそうだけど、

・MASI 11’SPECIALE SPRINT/49サイズ:SA76°TOP523mm/54,000(60,000)円
・SOMA   RUSH/49サイズ:SA75.5°TOP515mm 2.82kg/82,000円
・PAKE トラックフレーム/49サイズ:SA75.3°TOP520mm 3.05kg/52,000円

 と、こんな感じ。冷静に較べると、、、、国内有名ビルダーのNJSフレームのような形や、海外ブランドの洒落系はチョット引く。クロモリなら重量は大きく変わらない。気になるのは、重量よりもハンガー周りの剛性。となると、ダウンチューブは大径パイプが良いだろうし、フレーム三角も小さなスローピングデザインが良いだろう。となると、やっぱり、HARPのフレームが良いかな?というのが今の気持ちである。HARPのフレームに80%近く傾いているのが今。ところで、自転車を変えた事は悟られたくないので、フレーム買って剥離してシルバー系に、、、、とも考えたけど、所詮、日常運動用のフィットネス機材だから色に拘る必要も無いかな?という気分。中学、高校時代に選んでいた自転車のカラーはホワイト系ばっかりだったけど、最近は、周りに白系が多い。逆に有彩色系の方が良いかも、、、って気もある。何色でも気にしないけど、気分転換に青系も悪くないかな?という気もする。

 ところで、最近は入学シーズン突入ということで、色々と忙しそうなんで、自宅のノンビリ組んでいこうか?と思うところ。フレームを取り敢えず買ってみようかな?

|

« 迷い中 | トップページ | 信頼性と効率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強度>重量>デザイン:

« 迷い中 | トップページ | 信頼性と効率 »