« 全くその通り | トップページ | そう言えば、 »

2011年4月13日 (水)

人に合わせて

 先日、現場のお兄ちゃんが新入社員を連れて、秘密の研究棟に見学に来た。説明を求められたので、説明を行うのだけど、やっている内容を直球勝負で話してもダメ。判る訳無い。機械的に知っている単語で、『ここの設備は、●●を作って、●●に適用しています。』って言葉を普通に話しても通じない。何たって、現場の兄ちゃん+新入社員だから、、、、

 当然、彼らに判るように、喩えを身近に置き換えて興味を持つように話す。そこには、話に興味を持たせるために、どういうレベルでどういうストーリーが聞き手にとってベストか?を考えながら話すのだ。

 そんな話をしていたら、暫くして、丁稚工員が来て、さっきの話は自分が聞いた事がある話ですか?と言ってきたので、内容はそうかもしれないけど、話す内容は君に話した事の無い話し方だよ!って説明した。何だか不満そうだったんで、君なら、どう話す?って聞くと、『ここの設備は、●●を作って、●●に適用しています。』って感じ。結局、語句を暗記して羅列するだけでは聞き手の心に入らない。アンタも人に話をする時は、どう話せば心に響くか?を考えて話せよ!って言ったのだが、、、

 人に合わせて話を組み立てるっていうのは、出来ない人は一生出来ない感じがする。

|

« 全くその通り | トップページ | そう言えば、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人に合わせて:

« 全くその通り | トップページ | そう言えば、 »