« チョット一言。 | トップページ | ノーモア、、、 »

2011年4月22日 (金)

コンパクトを再定義

最近の車は全長が短ければコンパクト、、、そういう感じ。
しかし、、、、運転していて、全長の長さを意識する事は案外稀なのだ。コンパクトを実感するのは狭い道での離合の瞬間。つまり、幅が大事なのである。

どんなに全長が短くても、幅が広いと感覚は違うのだ。特に、右ハンドルで道路を有効に使うには、助手席側のタイヤの位置、外板の位置が大事。その位置を捉える事が容易いのは、やはり運転席からの距離が短い時である。つまり、車幅がコンパクトと言う事だ。

国産車の横幅を見る、、、、5ナンバーの車は殆どが1690~1695mmとなっている。これはリッタークラスから2Lクラス迄がそうである。

そして、最近の三ナンバーは大抵1780mm以上が多い。三ナンバーで全幅が80mm以上拡がると随分大きくなった感じがする。

一方で軽四は横幅が1480mmとなっている。1480mmという幅は運転していると微妙に狭い感じを受けるのは事実なのだ。

軽四(1475mm)←200mm→5ナンバー枠(1695mm)←100mm→3ナンバー(1780mm)

となっている。ここ最近、コンパクトカーを週単位で乗った。デミオは幅1695mm、パッソが幅1665mm、デュエットが幅1600mmである。

で思った感想が次の通り。

デミオに乗ってコンパクトという気分は全くない。プロボックス、エリオ、エスクード、トルネオ、、、、最近乗る車に較べて小さい感じはしない。敢えて言えば、荷物が積めないという程度。

パッソがどうか?というと、これも幅の狭さは感じない。心持ち狭いかな?という気分は在ったけど、その度合は非常に僅か。幅で30mmというとそんなモンだろうか?

デュエットがどうか?というと、これはビックリである。室内の広さは大したこと無いけど家族四人で乗っても大丈夫。室内幅も必要にして十分。全幅は明らかに扱いやすい。コンパクト感はずば抜けている。幅で100mm近く狭い。これが良いんだろう。

過去の乗車経験から扱いやすい印象のモデルを振り返ると、KP61スターレットが1535mm、TE71レビンが1625mm、AE86レビンも1625mm、S124サバンナが1595mmである。そうなんである。1600mm前後が多いのだ。

コンパクトカー、こういうのは幅が抑えられた車っていうのが一番のようである。手に取るように車幅感覚が判る。これって凄い。ところで、過去にシボレークルーズ、初代のスイフトスポーツにも乗る機会があったけど、実はコンパクトな感じは受けなかった。幅は狭いのだろうけど目線が高く地面からの距離の影響だろう。JB31シエラが1545mmだったけど、これも特別狭い車を運転している気分でなかった。大事なのは幅と高すぎない目線なのである。幅が1600mm以下、全高も1500mm未満というのが鍵だ。

コンパクトカーで心地よい存在、、、、装備は抑えてなるべく軽量に作る。それでいて幅の狭さが不安に繋がらない高すぎず、地面からの目線が離れすぎない程度の車高、それでトルクの厚いエンジンというもの。このクラスなら重量は900kg以下を狙いたい。

幅だけで候補を探すと、

・スイフト SE-Z    1300cc/88PS/910kg/3615mm×1600mm×1540mm
・シボレークルーズ  1500cc/110PS/940kg/3625mm×1610mm×1605mm
・デュエット S     1300cc/110PS/870kg/3690mm×1600mm×1435mm
・ソリオ          1200cc/91PS/1000kg/3710mm×1620mm×1765mm

って感じ。しかし、目線に効く車高、小さいエンジンでもトルク感を得られる軽量さでいうと、唯一無二なのがデュエットである。

今日が代車のデュエットとのお別れだけど、パッソやデミオを借りていた時以上に寂しい。自分が乗りたいのだが、嫁に乗せるという口実で、夏目標で買っちゃおうかな?嫁に乗せるのなら1.0Lのグレードで良いけど、意味もなく?、K3-VE2搭載の1.3S限定で探したい。ホント言えば、5MTだろうけど嫁に乗せるという口実の整合性が失われるのでATでOKだ。
デュエットのAT、デミオのAT等に較べると何百倍も扱いやすい。これは便利だと思う。

今の時代、ハイオク仕様の古いコンパクトなんて人気ないだろうから、安く買えるかも、、、。

|

« チョット一言。 | トップページ | ノーモア、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトを再定義:

« チョット一言。 | トップページ | ノーモア、、、 »