« 全くその通り | トップページ | そう言えば、 »

2011年4月13日 (水)

やっぱり、、、、7か

遂に、原発事故レベルは7か?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000517-san-soci

これは、事故、人災というよりも、現政府の対応のまずさ、東電の体質という事で、人災というよりも凶悪犯罪に近い。立場と利権といった面で保身行為に入ったという疑念を晴らす事が出来ないというのは、正直、交通事故でいうと過失致死というレベルでなく、集団暴走行為とか危険運転とか、そういうランクだろう。てめぇら、レッドカードでなく、ブラックフラッグモノだ。

そもそも、3機の原子炉と4台の燃料保管プールという、、、、この量は過去の原発事故の比ではない。

最近思うのは、貯蔵済み燃料保管プールが何故に原子炉建屋と同じ建物にあって、生命線であるはずの冷却循環系統が共存する環境にあるんだろうか?という素朴な疑問。

危なっかしいモノ、そういうモノは本来なら分散管理してリスク分散するのが一般的な考え方だけど、全部纏めて、、、という考え方自体、不可思議な感じ。保管プール内の燃料の数の方が圧倒的に多い訳で、異常事態で連鎖異常になったらドツボに嵌るのは想像できた筈だけど、事故が起こるはずが無いという前提では、事故想定自体を語る事がナンセンスだったんだろう。

管とか保安院とか東電とか、、、辞めて済む問題でも、謝って済む問題でも無いだろう。監獄に入って暫く反省して欲しいくらいのものだ。

|

« 全くその通り | トップページ | そう言えば、 »

コメント

コメント有り難う御座います。
そうですね、、、仮に自民党時代に同じ地震で津波を受けて原発が機能を失ったとしても、今と相違ないんだろうという風に思います。
但し、イライラして方向性が見えなくなり、迷走状態に陥るというのは、菅さんならではの特徴を良く表しているようですね。

今回の古い原発を一番熟知しているのは、作った企業、東芝のエンジニアでしょうが、彼らが事故対応に参加出来たのは爆発後であり、それまでは拒否されていたというのは、如何にも官僚的というか、そういう風に感じます。そういう風になるのは、御指摘の通り、組織の運用を硬直化させた官僚的な思想であり、なるべくしてなったような気もします。この仕組みを打破する事は官僚を使いこなす政治家が必須ですが、残念ながら、現政権にはそんな逸材は居ないように思います。

投稿: 壱源 | 2011年4月13日 (水) 23時53分

現政権の対応の不味さ、東電は権限を手放さずに下請会社に原発運転を丸投げ、保安院の素人さ加減、安全委員は何してる、、、そしてその裏に居る原子力利権集団。

腹立つばかりですが、冷静に考えてみると、これまでのどの総理がやっても同じようにしかならないという疑念もわきます。多分、官僚が作った複雑な法律でがんじがらめになっているはずです。専門家を結集してやれという意見もありますが、実際に原発を運転したことなない人間がこの難しい時期に変わりに運転をやるほうがリスクが増える心配もあります。

熟知している(はず)の東電と下請けと保安院に頑張ってもらうしかないという気もします。このシステムの中の東電の役割と法律の問題点を誰か解説してくれないかな?と思うこの頃です。東電はパソコン(原発)を操作しているだけで中身は知らないから、、、と例えている評論家もいましたが、東電はあの超複雑な原発システムをパソコンのつもりで操作していたのでしょうか?いっそのこと原発運転機構(仮)でも作って丸投げしていたほうがはるかにましだったかもしれないという気もしますが、どうでしょうか?

投稿: とおりすがり | 2011年4月13日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、、、、7か:

« 全くその通り | トップページ | そう言えば、 »