« 避難? | トップページ | 菓子断 »

2011年5月31日 (火)

素直な感想

広島在住の者として、これが本音だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110530-00000222-mailo-l34

政府の報道、それから放射線を検出したというニュースが頻繁に聞こえ、その線量の異常さを伝える報道がある一方で、タケノコの出荷制限の解除とか、そういう話も聞こえる。

一方で放射線を検出しながら、一方で出荷制限の解除という矛盾した情報が飛び交う、、、、でも冷静に考えると、計測器で検出したという事実と、その事実が問題無いという意見なのだ。事実と意見、どっちが強いか?明白だ。事実が強いのだ。その事実を安全という解釈に向かわせる都合が政府や行政にある。その都合の理由、、、、それは、国民の安全よりも、補償等の責任軽減を重視しているからだろうと人は捉えている。

これが政府報道へ不信の根元だ。

長く広島に住む人、一族、親戚に被爆者が多いのは割と普通。自分も例外ではない。被曝線量を安全と言い切るには根拠が希薄なのは明白。未だに年間20mSvでは発ガンリスクに影響しないと豪語する評論家、学者も少なくないけど、ならば20mSvの放射線を浴びてみて欲しいとも思う。低線量でどうなるか?っていうのは、殆ど未知の世界。

今の政府方針というのは、これからデータを取る実験を始める準備をしているようにさえ見える。

|

« 避難? | トップページ | 菓子断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直な感想:

« 避難? | トップページ | 菓子断 »