« 矛盾してないの? | トップページ | 不要なモノの整理といっても »

2011年6月 4日 (土)

輪行車のベストは?今昔比較。

 昔は電車に自転車を積んで運ぶ時、日本サイクリング協会に登録して会員証の提示が必要だったように思う。
 そんな行為自体が少数派であり、其処までして旅行するっていうのは、相当に好きな人の好意だったのだが、その相棒となる自転車は?っていうと、基本は旅行車、ランドナーが定番である。

 ランドナーの前後輪を外し、輪行袋に入れて電車に持ち込む。電車で目的地界隈の駅迄出掛け、そこからランドナーで旅をする、、、、これが、80年代前半の自転車の過ごし方の定番。当時の自転車人気の中心はランドナーでユーラシアが一番人気。上級グレードのダイヤモンド、後にアトランティスっていうのは中高生には高額過ぎた記憶がある。そんなランドナーを分解して輪行し旅に出る、、、、これが理想だった。
 因みに、ランドナーとは、26インチのタイヤ、フロントキャリア+フロントバッグ、前後フェンダーというのが定番スタイル。リアキャリア+振り分けバッグはキャンピングだけど、これは少数派だった筈。

 これを今の時代に行う、、、、ランドナーが最適か?というと、今の時代ならランドナー迄必要無いような感じ。輪行とは旅先で風情を楽しむというのが今風のように思うけど、そうであるならば、ランドナーのような本格仕様である必要もない。地方の観光地を楽しむスタイルなら、、、今ならフォールディングバイクが最適かも知れない。
 今の時代、折り畳み自転車でも走行性能は相当なモノ。タイヤサイズが小さいだけで、その他の部分は十二分の機能を有している。

 今の時代、輪行という行為自体をコンパクトかつ迅速に行うのが周りへの配慮とも思うけど、そうならば、簡単に折り畳める自転車なんかが良いように思う。

 新時代のランドナー、これって、案外スポーツ系のフォールディングバイクなのかもしれない。

|

« 矛盾してないの? | トップページ | 不要なモノの整理といっても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪行車のベストは?今昔比較。:

« 矛盾してないの? | トップページ | 不要なモノの整理といっても »