« さっぱり、、 | トップページ | スポルティーフ復刻計画再起動、その1 »

2011年6月 6日 (月)

○○すると怪我するぜ!(笑)

 冗談みたいな話だけど、こういうフレーズは笑い話で良く聞く話。
 ○○は、『近寄ると』とか『真似』とか、そういうのが入るパターンだ。

 先日、劇薬的って記事をアップしたけど、あの記事をアップしたのは、自分の近くに、趣味単車の小僧が居たのだが、間違いなく自分の影響で峠走りに憧れて、見様見真似、雑誌、ネット、ショップの一方通行の話で忠告を聞かず突っ走り、結果的に単車で峠を楽しむ前に、恐さと諦めで単車を降りた奴が発端。

 その後、自分が小径~ロードも趣味として復活すると、そいつもロード、小径とやって来た。それでも自転車に関する質問に真摯に答えていたけど、結果的に、内容の都合の良い解釈だけ進め、過去の単車の時と同じように、ネット、ショップ、他の人の話を聞くだけ聞いて自分の解釈でのめり込んで、、、、結果的に、膝、手首に慢性的な怪我を負って、乗れない状況、、、、、

 結局、強い憧れと、人の言う事を聞かない強情が、過った方向に突っ走り結果が今。

 基本、人の対面での会話っていうのは、双方向性会話、それで得られる情報は、質問者にとっての話だが、その回答を毛嫌いし、色んな話を沢山聞いて都合の良い解釈だけ実践、、、、これって、ネットや雑誌で得る情報、一方向性情報を御都合解釈するのと同じ。

 こういうのが怪我の元、不幸の元。

 俺は、コイツの事を考えて、忠告しているのだが、それでも性格が変わらない。

 でも、自分の影響で単車や自転車に関心を持ち、言う事を聞かず無謀な試みの結果、単車を辞めて、自転車もアウトっぽい状況になっている。これを目の当たりにすると気の毒故に、何も見せず、何も言わないのが本人のためと思うのだが、本人はそれさえも理解出来ないよう、、、、

 言っても聞かない、結果、不幸、、、、、不幸になった一因が自分の私生活を見せるからと思うと、、、やはり良い気分ではない。結果、プライベートは見せないと決める。自然な事だが、それを言っても理解して貰えないっていうのは、なかなか難しい。

|

« さっぱり、、 | トップページ | スポルティーフ復刻計画再起動、その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ○○すると怪我するぜ!(笑):

« さっぱり、、 | トップページ | スポルティーフ復刻計画再起動、その1 »