« 避難準備区域解除の判断は? | トップページ | イオンバイク! »

2011年9月22日 (木)

だったらいいな。

 原付バイクの売り上げが四年ぶりに前年を上回ったとの事。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110921-00000574-san-bus_all

 但し、250cc以上の所謂オートバイ、これは減少傾向という。まぁ、原付バイクというと、今の時代のライバルは電動アシスト自転車である。

 で、興味深いのは、原付バイクとして登場しているのは、このリンク先ソースにも紹介されているような『ベンリー』という名前を復刻した実用原付スクーターで、実用度を更に高めたモデルが関心を集めている模様。

 一方で、電動アシスト自転車は創生期はママチャリベースだったのが、最近は、小径車ベース、折り畳みベース、MTBベース、クロスバイクベースという風に実用から趣味性にシフトしているモデルが感心を集めている模様。

 自転車がスポーツ系、原付が実用系へと進化している様子。この現実、原付復権とは言え、250cc以上の趣味性の強いスポーツサイクルへの復権が益々遠ざかっているような気もする。手放しで喜べる状況に無い。

 オートバイ業界の行く末、、、、四輪車でコンパクトとミニバンオンリーになってしまった様に、単車も実用バイク一本槍になるのか?

 それだと、、、あまりにも悲しい。まぁ、金勘定好きの怠け志向が実は多い日本人の嗜好、当然と言えば当然の結末のようにも思う。遊び好き、浪費好きな日本人っていうのは案外少数派。多分、バブル満喫世代のみだろうなぁ、、、でも、そういう世代の生き方の方が個人的には好きだな。金が無いから安く頑丈で楽に行動できる原付バイク、、、、あまりにも寂しい。

 単車っていうのは、とびっきりの時間をとびっきりに楽しむためのタイムマシーンのような存在であって欲しいのだが、、、、そういう存在が金の掛からないチャリでしか実現していないっていうのは、やはり、チョット違うような気もする。身の回りだけかもしれないが、何か、面白みのある奴が凄く減ったような気がする。特に世代が若い世代、三十代、二十代と若い世代程、萎縮傾向が強いような気もする。

|

« 避難準備区域解除の判断は? | トップページ | イオンバイク! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だったらいいな。:

« 避難準備区域解除の判断は? | トップページ | イオンバイク! »