« 歩行者も酷い | トップページ | 夕飯メニュー »

2011年10月12日 (水)

フロントバスケット

 ルイガノMVF改の変速ワイヤーの取り回しを変速バナナを用いて変更した。
 これで、ドロップハンドルの内側のスペースを作る事が出来たのだけど、そこにフック式のフロントバスケットを装着してみた。ハンドルに引っ掛けて、ステムのコラム部で固定するタイプ。
 モノはBSのカゴでニシダサイクルさんに頂いたモノだ。形的には、OGKのFB-018、FB-022のようなタイプ。

 このフック式のバスケットをドロップハンドルの内側に取り付ける際の制約は、、、ワイヤーの取り回しで取り付ける事は可能だけど、STIレバーで変速操作を行う際に、レバーを内側にストロークさせた時にバスケットに干渉するかどうか?という事だ。

 単なる鞄の場合は、干渉しても鞄を変形させるのを前提で操作すれば問題無いけど、堅いバスケットの場合はダメ。その際は、ストロークさせたレバーとカゴ枠が干渉しないように位置決めをする必要がある。ハンドルはなるべくアップライトにしてレバーを上に逃がし、フック式バスケットはハンドルのフック部分のステーが長いタイプを選ぶ必要がある。

 こういう付け方の場合、ハンドルの上面から、かなり下方にバスケットが設置される事となる。こういう場合、ホイールサイズが700Cのように大きいと難しい。24インチサイズ程度でないと通用しないかもしれない。
 ドロップハンドルに前カゴというと変かもしれないが、散歩用で弁当等の荷物を入れて走るには好都合。

 ところで、レバーとカゴの干渉を避けるように配置した結果、変速バナナは不要だったかな?という気もする。

|

« 歩行者も酷い | トップページ | 夕飯メニュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロントバスケット:

« 歩行者も酷い | トップページ | 夕飯メニュー »