« スイムの疲労感 | トップページ | 学生と教師 »

2011年10月 1日 (土)

気遣いはキライ

 先日、HOMEテレビのJステーションでしまなみアイランドライドの様子を紹介する枠があった。
 そこでは、何処かで見た顔のサイクリストもアイスクリームを食いながら映っていて、チョット笑ったのだが、、、、

 それはさておき、、、、こういうイベントはどうよ?っていうと、、、、実は、あんまり好きでない。大昔のTIサーキットのモトルネ観戦でもサーキット体験走行なんてあったけど、どうも列を作ってタラタラ走るというのも好きでない。

 自転車や単車で楽しいのは、、、、気兼ねなく、遠慮せずに、思いっきり走るということ。

 単車なら、峠で好きなように好きなペースで走る。誰か居たとしても、気兼ね無い範囲の交友関係、人数迄。自転車でも一緒。思い描いたコースを、気兼ねなく走るというのが実に大事。

 どういう状況が気兼ねない状況か?というと、自分の走りたいように、、、、つまり、単車なら峠を自分の納得出来るペースで攻めて、、、自転車なら自分がハイとなる状況を果てしなく維持した出力を保って、、、、ということである。となると、、、、単独か、自分と価値観の近い人と出る程度に留まる。

 まぁ、停まった時の話し相手という面からいうと、一人よりも二人か三人、多くても10人未満というのが一つの目安だったりする。

 まぁ、単車や自転車を、景色を楽しむ乗り物とか、そういうノリで楽しむ人には当て嵌まらないけど、自分の場合は、単車や自転車は、その道具を通して自分の出来る目一杯を知りたいというのが一番だから仕方ない。単車なら、何処まで速くタイトコーナーを走れるか?が一番だし、自転車なら高い走行速度を何処まで保てるか?が唯一の関心事だから。

 単車では、道で走れる目一杯の速度というのが実は希望。ただ、速度の絶対値が転倒即絶命となるような世界はパス。せいぜい3桁入口程度の話。ただ、それが狙える範囲で限りなくタイトな道を探すのが自分流。具体的にはガードレールの無い舗装林道を2スト500で速度警告灯が点灯しかねない領域で走ったりすること、自転車なら向かい風でも35km/hとか、峠越えでも20km/hとかを維持でもキープするとか、一日で何処までの難コースの距離を稼げるか?で自己確認する事を目的としているから、、、そうなると、気兼ねや遠慮、抑制というのは有り得ない。

 まぁ、将来、歳をとって出来る能力を確認する気力を失ったり、子供とのレジャーに割り切ったりすれば別だろうけど、自分がスポーツバイクとかスポーツサイクルに、今の意識で乗っている限りは大規模ミーティング的な集いっていうのは関心が持てないだろうなぁ、、、

 この辺、変わりモンだろうなぁ、、、、選んだ道での走り方はどうか?っていうと、、、単車で少数でツーリング、、、殆ど、山間部の林道を繋いで走り回る。休憩時間、、、殆ど皆無、コーナーは全てフルバンク、ストレート部分はアクセルパーシャルだけど、コーナーに迫ると加速してアプローチでフルブレーキングの必要な速度域迄加速して、ブレーキング、アプローチ、脱出、脱出完了でアクセルを絞る、、、、こういうノリ、殆ど直線部分より曲がっている部分の方が走行速度が1.5倍以上高い走り方、、、これで、連める奴とは一緒に走る。勿論、コーナーを読むのが楽しいから走るなら先頭。前走車両の制動灯等でタイミングを支配されるのはノーサンキューである。こういうスタイルでの走行は半日で山間部だけで150km程度をこなす。
 自転車でも一緒、、、直線でピストに乗る、風にもよるけど持続速度の基本は40km/hだ。これで走る。後に付かれても気にしない。ただ、人の後には付かない。折角の負荷を受ける事が出来ないから、、、、走るなら敢えて先頭。先頭で風を受ける。ヒルクライムでも一緒、ペース配分は全部自分で決める。それで、配分した目一杯で駆け上がる、、、こういうのが好き。後で前にペースを委せる、、、、それって、有り得ない。

 こういうスタイル、、、つまり、自分で出来る目一杯で走る訳だ。そうなると、、、遠慮すべき対象、配慮すべき事態は極力少ない方がベスト。つまり、催し物系は、、、、パスだな。それ故に、競技は、個人が好き。自転車ならピストかTT、トライアスロン程度だな。バイクなら予選、ジムカーナ、その辺。この辺は、普通のスポーツでも球技系より水泳とかの方が好きというのにも通じている。

|

« スイムの疲労感 | トップページ | 学生と教師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気遣いはキライ:

« スイムの疲労感 | トップページ | 学生と教師 »