« 自転車車道通行の徹底? | トップページ | 自転車は車両ならば »

2011年10月30日 (日)

大した違いは無い。殆ど、誤差!誤差!

 パーツグレードの違いによる軸受部の転がり性能の違い、剛性の違い、重量の違い、、、、こういうの、拘る人多いけど、、、、素人が使う範囲においては違いは誤差レベル。気にするまでもない。

 素人の使う範囲でも影響が出る部分、、、それは、ポジション、ギア比、タイヤの接地抵抗、整備状況、それくらいだろう。

 勿論、満足感、所有欲、ステイタス、操作感覚、、、その辺は体感上優劣と言えるかどうか判らない範囲を含め違いはあるかもしれないが、、、、、実質的な走行性能の部分に与える違いは殆ど誤差レベル。未だにそう思う。

 色んな自転車を乗り分けるけど、違っていても優劣で差が付けることが出来る?っていうと、正直、自信ない。ぶっちゃけ、、、、どれも一緒。

|

« 自転車車道通行の徹底? | トップページ | 自転車は車両ならば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大した違いは無い。殆ど、誤差!誤差!:

« 自転車車道通行の徹底? | トップページ | 自転車は車両ならば »