« セシウムは何処から? | トップページ | 水は高い方から低い方へ、、、 »

2011年10月25日 (火)

折り畳みカゴ

 ルイガノMVF、先日、西田金属さんのバスケットフックを用いて前カゴ等を取り付ける事が出来るようにした。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/harcon/sokcp.html

これだ。更に、このMVFにはBBBのプラ製のシートポストキャリアも装着してある。シートポストキャリアはプラ製で超軽量で簡単に脱着出来るのがポイント高いモノで、今は廃盤の商品だ。

 ところが、バスケットフックも悪くないのだけど、もう少し頑丈で汎用性の高いモノは無いか?と探したところ、Cropsの折り畳みカゴを発見したので、これに交換した。

http://www.worldcycle.co.jp/item/4028.html

これである。このポストクランプの内径がルイガノMVFのポスト外径とドンピシャリ。折り畳んでもOKだけど、取り外しも可能。それでいて、カゴ幅が290mmということでドロップハンドルの中に入れても全然OKなのだ。STIの変速動作とカゴの干渉もカゴクランプの角度調整とアナトミックバーの角度調整で回避可能。回避した状態でも操作性は問題無し。

 このルイガノMVFは子連れで自歩道中心のサイクリングに使う自転車。弁当、スナック菓子、水筒、ボールや敷物、、、そういうモノを搭載して走る自転車であり、これらを背負うのは結構面倒臭いので荷物が乗せることが出来るというのはポイント高いのだ。

 実用自転車にカゴ、、、、これは結構重要。このカゴ、クランプさえあればDAHON系にも利用可能だけど、DAHONの場合、ステムの太さが一様でないテーパー形状が多いのでクランプはチョット難しいかもしれないし、折り畳みのし易さを考慮したら、曲がって車体に挟み込まれる部分にアタッチメントを付ける事自体が難しいかも知れない。

|

« セシウムは何処から? | トップページ | 水は高い方から低い方へ、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り畳みカゴ:

« セシウムは何処から? | トップページ | 水は高い方から低い方へ、、、 »