« どれ使っても、、、 | トップページ | プロサクワゴン増えた? »

2011年10月27日 (木)

取り敢えず現状維持

 経営者の突発的な思い付きによるゴタゴタ、取り敢えず回避。
 但し、、、、回避するために、若干の犠牲(?)も払ったが、仕方ない。

 現在、複数案件を兼務で行っているけど、これを止めて専任化して組織を仕切れ的な話だったのだが、これは、どう考えても受ける事が出来ない。
 建前的には、、、、大きな組織を統轄するには、その組織で地道にコツコツやって来た人の方が組織を纏めやすい等々というのが理由。コツコツやって来た人の方が、組織で請け負う業務の内容にも精通しているから等々といのも理由。
 でも、、、本音的には違う、、、、本音は隠すつもりも無いけど、理念的に同調出来ない組織に提供出来る能力は制限があるから。もっと言えば、大きな組織の管理程、自分の時間が奪われるから。奪われたら何が困るか?というと、自分で決めている、毎日の運動量1600~2000kcal/dayの運動を行う時間が確保出来ないから。これを止めたら、多分、今のフィジカルコンディションが保てないから。

 そんな本音は、金銭以前に自分の命の事だから譲れない。自分の命を守る時間の自由が必要。時間の自由を担保するには、拘束される時間を最小限にしないと行けない。拘束する時間を最小限にするには、責任を負う組織はなるべくコンパクトにしないとダメ。大きな組織ほど、管理業務、統括業務が増加して、手間と時間が奪われるのだ。
 請け負う組織をコンパクトにして、尚かつ、管理業務を最小限にするには、どこか適当な組織に管理業務を委任しつつ、複数の業務を並行して行う事が大事。そのためには、非定常の研究業務を確保しておくのが一番大事。

 で、研究業務というのは指示や干渉を受けるのが嫌だったから、社長は兎も角、実質トップの経営者には曖昧にしていたのだが、残念ながら実質経営者に対して、研究業務の内容と状況を説明する事になってしまった。

 ホントはずっと隠し通しておきたかったのだが、、、、チョイ残念。

 残念な理由、、、研究、開発の意味と苦労を知らない人には、独創的なアイデアを具現化するプロセスが理解出来ないから。プロセスが理解出来ない人は結果至上主義。途中をすっ飛ばして結果を求め、それで利益を早く得ようとする。
 そうではないのだ。アイデアを具現化して、それを担うユーザーに徹底的に評価検討して貰い、その情報を集約して更なる高みを目指すのが、個人や少人数で開発をする上での正攻法。それ故に、アイデアの存在をばらしたのは、チョット、、、、と思う面もある。

 ただ、新しいアイデアの最新スペックは、既に商品としての性能をかなりのレベルで満たしているのも事実であり、タイミング的には経営者や社長にも報告しても良いかな?と思っていたので、これを機会に公開した。

 それと、トップが担わせようとするセクションで将来取り組まざるを得ない課題を提示し、5~10年計画で、その方向に以降するための調査をこれから行うという旨も伝えた。

 まぁ、これで数年は現状維持が可能。数年は自分の時間の自由度は確保できる訳だ。即ち、数年は今のフィジカルパフォーマンスが努力次第で維持出来るという見込みもついた。ということで、ここ暫くの懸念が払拭出来た。

 やはり、周りの世代、具体的には四十代以上の管理職の体型を見ると、、、、あんな風にはなりたくない、、、、と思うばかりなのだ。学校の運動会でお父さんの動き、体型を見ると、やっぱり、バリバリにいけてる身体の方が子供も喜ぶ。そのためには、自分の時間のコントロールをあくまでも自分で行えないとだめ。そのためには、全てを、そう出来るように支配する必要がある。これは極めて重要だ。
 体型的にウエスト69cm、体脂肪率12%前後、基礎代謝1650kcal以上、、、、これを四十代後半で維持出来ているというのは、やはり大事にしたい事。このコンディションは最低でも10年は保ちたい。そのためには、やはり先の運動量をこなしていく自由を確保するのは何が何でも守りたい。

 これで暫くは暦通りに生活出来そう♪

|

« どれ使っても、、、 | トップページ | プロサクワゴン増えた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取り敢えず現状維持:

« どれ使っても、、、 | トップページ | プロサクワゴン増えた? »