« 何か進んでいるのか? | トップページ | 寝付き »

2011年10月11日 (火)

ピストで止まる

 最近話題のノーブレーキピスト、、、ノーブレーキの理由、それは固定ギアだから、、、

 ということで、ラングスター号、これは前後ブレーキ装備だけど、これで止まる時にブレーキを使わずにバックを踏む的な方法で止まってみた。

 基本、利き足で、クランクが決まった角度にある時にしか制動力は発揮出来ない感じ。つまり、最低でもクランク一回転後からの制動であり、ロールアウトが5.5mなら5.5mの空走距離が生まれる。そして、特定の位置でブレーキが掛けれてもずっと掛けられる訳ではない。推進力に負けてバックを踏むのは二回以上必要。一回目から二回目迄はクランク一回転だから最低で+5.5mずつのびる。制動距離的には最短でも5.5mだし、その後は11m、16.5mと言う感じだ。

 ただ、、、慣れたら、後輪の荷重を抜くと同時に後輪を逆回転方向のトルクを掛ける事で、スキッド的に速度を落とす事は可能。これ、アスファルトでも問題無い。ロックさせているので制動力は弱い。制動というより、進路変更的かも知れない。ロックさせてブレーキングドリフト的に向きも変えるっていうのは、小学生が後ろブレーキで自転車を滑らせて遊ぶのと似たようなものだ。

|

« 何か進んでいるのか? | トップページ | 寝付き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピストで止まる:

« 何か進んでいるのか? | トップページ | 寝付き »