« えっ?徐行ならOKなの? | トップページ | 広背筋の筋トレ、その後 »

2011年11月23日 (水)

ルイガノMVFで遊ぶ

 最近、表題の自転車をチョコチョコいじって遊んでいる。
 金は掛けない。余り物を使って、、、、そんなノリ。コンセプトは、チョイ乗り用散歩自転車で積載性重視。主な使い方は、子供と自転車散歩に使うくらい。散歩で出掛ける行動半径は、、、精々15km、往復で30km程度のコースを想定。お菓子、遊具を搭載して出掛けるのである。

 一応、ドロップハンドル装備だけどアップライトな状態。積載性重視ということで、リアキャリアとフロントバスケットを装備してみたんだけど、この度、ラングスター用のDHバーのエクステンションバー取り目的で調達したモデルが、

http://www.riteway-jp.com/pa/bbb/item/470362.htm

これだけど、このエクステンションバーと、

http://www.riteway-jp.com/pa/bbb/item/470361.htm

 これの、アタッチメント部を併せてステンレスロードに移植した。結果、アタッチメント部が余ったので、捨てても良いけど、余ったパイプを適当に組み合わせてルイガノに付けてみた。まぁ、DHバーというよりも身体をタイトにして、、、という程度の考えだ。

 すると、、、このルイガノMVF、元々はタルタルーガのType-Sと姉妹車だけど、この直進安定性はDAHONとかレマイヨの比では無いくらいに優れている。

 小径車というとトレール量が短く直進安定性に難がありがちだけど、このフレーム、キャスターが相当寝ておりトレール量も大きい感じ。チョット上体の体重を掛けてどうか?と試すと、、、この申し訳程度のフロントサスペンションが結構効果的。他の小径車のように振動がダイレクトにという事もない。

 小径車にゴチャゴチャと部品を組み込むのは少々格好悪いけど、、、、それでも、使い勝手は悪くない。実際、印象としては、

http://item.rakuten.co.jp/silbest2/10004745/

 こんな奴だ。こういう選択、アリかな?とも思う。こういう形状だと、フロントバスケットの中に手提げ鞄を入れる時のフック代わりにも使える。

 個人的には小径車に速度追求系のパーツを使うのは好きじゃないので、別の雰囲気で使っているような主張は取り入れたい。ただ、やっぱりゴチャゴチャし過ぎているのは間違い無いなぁ、、、

|

« えっ?徐行ならOKなの? | トップページ | 広背筋の筋トレ、その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルイガノMVFで遊ぶ:

« えっ?徐行ならOKなの? | トップページ | 広背筋の筋トレ、その後 »