« えっ?徐行ならOKなの? | トップページ | 広背筋の筋トレ、その後 »

2011年11月23日 (水)

孫文献

 学生時代、論文を仕上げる時に禁じ手とされていたこと。それは、、、表題の孫文献だ。

 孫文献、、、、それは、論文に掲載された引用データを引用元からでなく、引用された論文から引用したような手法で纏められた論文なんかが該当する。こういうのは絶対ダメと教わってきた。

 必須講座での課題も、課題の解放を引用したりするとアウト、、、そう言う先生は多かったし、中には、課題の解放にオリジナリティーが無いと単位を出さないという先生も居た。

 正直、それは普通の事であり何の違和感も感じなかったし、先輩の解法や論文を写す作業なんて思いもしなかったし、それ自体に違和感を感じていた。

 しかし、、、、

 最近は、価値観が逆転しているような錯覚に陥る。

 っていうのは、、、、問題に当たれば、取り敢えず聞く、、、、課題に当たれば、その解法を検索する、、、、具体的には、ネット検索等で事実検索でなく、解法検索、、、つまり、知恵袋の解答探しに奔走する、、、、そして、仕事等では、やり方を教えて貰えなければ何もしないとか、、、、何かの目的には、取り敢えず真似するとか、、、そういうのが凄く多いような気がする。

 知恵袋なんてモノが繁盛している現状では、そっちが多数派なんだろう。

 前述の話は二十年前の話。後半の現状は今属している組織を見渡しての感想。自分で考える人が結構少ないような気がする。人の考えを模倣して、それで理解したと錯覚する人が凄く多い。こんなんで良いのだろうか?

|

« えっ?徐行ならOKなの? | トップページ | 広背筋の筋トレ、その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫文献:

« えっ?徐行ならOKなの? | トップページ | 広背筋の筋トレ、その後 »