« 情けないなぁ、、、 | トップページ | DAHONのステム »

2011年11月20日 (日)

ノーブレーキ自転車に罰金

 ブレーキの付いていない自転車。代表的なのはピスト。他にはBMXのレーサータイプ。前者は後輪ブレーキレス、後者は前輪ブレーキレス。

 これらの自転車の取り締まり強化が報道されているが、実際は取り締まられても略式起訴は見送られてきたようだが、この度、再犯者等悪質な者に対しては積極的に略式起訴するんだという。

 なる程、、、、、

 しかし、、、、個人的には、繁華街を含む市街地、市内中心部に、車体が大きく前傾度の強い競技用自転車に近い類自体を乗り入れる事自体を禁止しても良いのでは?と思うのが正直なところ。
 人通り、車通りが多く、路面状態が決して良好とは言えないエリア、そこでストップアンドゴーを前提としていない自転車を野放しにする事自体が間違いのような気もする。

 正直言うと、700Cサイズのホイールがフェンダーレスで容認されるのは危険なように思うし、高額ロードのデフォルト装備のビンディングペダルも街中利用ではリスク因子と言える。強い前傾度故に後方確認も簡単でない乗車姿勢を含め、市街地利用に適しているとは言い難いというと言い過ぎだろうか?

 昨今、自転車を車道に!というならば、車道を走る自転車は自動車における運送車両法のような安全面から見た車両形状の規制が必要のように思う。

 逆に、市内中心部のアーケード街、幅員の広い歩道、そんな場所は主婦層がママチャリで乗り入れる方が自然であり、そういう自転車を車道に追いやる事が果たして正解か?というと、それも疑問だ。

 今現在、自転車の利用者年齢で歩道容認か否かが言われているけど、年齢以前に、車体形状で定義する方が自然では無いだろうか?原則車道は同意出来るけど、歩道走行を容認する条件は年齢に非ずで、車体の歩道走行要件を満たしているか?で判断すべきのようにも思う。車輪の直径とか、ハンドル形状とか、泥よけの有無とか、そういう判断しやすい条件でしきいるべきのように思う。

|

« 情けないなぁ、、、 | トップページ | DAHONのステム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーブレーキ自転車に罰金:

« 情けないなぁ、、、 | トップページ | DAHONのステム »