« 株主代表訴訟? | トップページ | 不自由、不便が一番大事 »

2011年11月 6日 (日)

調査の必要アリ

低線量被ばくの調査も必要。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111105-00000735-yom-pol

何でも、20mSv/year程度(?)の影響を調べるそうだ。しかし、20mSv/yearという数値を程度と報道するマスコミを含めて、数値の意味が判断出来る状態に無い。

絶対安全が何処にあるか?それが判っていない中で、避難範囲の線量を決めて対応するというのも難しい。避難範囲の目安となる線量が、果たしてどんな影響を与えるか?が未知故に仕方ないといえば仕方ない。

逆に言えば、ちょっとでも浴びたら影響を受けるかもしれないという質のモノを生活の中で利用しようとする発想自体が無茶ということだろう。
正直、原発は即停止、最終的に全部廃炉で良いのでは無いだろうか?
異常事態時のガレキの処理もままならない、、、、正常終了しても発生する廃棄物の処理も決まっていない、、、こんなモノは捨ててしまえ。

|

« 株主代表訴訟? | トップページ | 不自由、不便が一番大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調査の必要アリ:

« 株主代表訴訟? | トップページ | 不自由、不便が一番大事 »