« やっぱり意味が見えない。 | トップページ | 情けないなぁ、、、 »

2011年11月19日 (土)

二輪車でどうしたい?

 ホントはメインサイトで先にアップする予定の内容。
 でも、BBSで励ましの意見を貰ったし、最近多い、ロードバイクで速くなるには?的な検索ワードを見て、戯れ言的にブログにも掲載する事にした。

 今、スポーツサイクルブーム、昔、レプリカブームである。別にブームに乗っかった訳ではない。ブームが訪れる前から興味があったし、ブームの進み方とは方向性がチョット違う。

 で、二輪車でどうしたいか?というと、多くの検索ワードにあるように、○○km/h巡航したいとか、ヒルクライムで○○km/h維持したいとか、○○km/h出したいとか、単車なら○○サーキットで○○秒切りたいとか、もっと幼稚に言えば、誰彼よりも速く走りたいとか、、、、そういう願望は一切無いのが事実。

 どうしたいか?それは、、、自分の身体を使って出来るだけ無駄なく扱いたいという事に尽きる。無駄の排除。もっと言えば、効率の追求。これに尽きるのである。誰より速くとか、何km/hを維持するとか巡航するとか、そういうのは一切無い。それは結果であり、結果自体に関心は皆無、、、、それ故に、最近は競技なんかも関心がかなり低い。順位を見て嬉しいか?というと、全く無い。そんなモンである。

 まぁ、こういうのは少数派かもしれない。自分の身体、考えを実践して納得出来たかどうか?が判ればよい。納得出来るかどうかの判断は非常に難しいようにも思えるけど、、、、実に抽象的かもしれないが、自分の思った理屈通りに出来たと判定出来ればOKなのである。

 これって、無駄なく道具を使うということで、当然、目的の元には具体的なイメージがある。そのイメージは自分なりの理屈に従って得たモノであり、それが出来るならば、ココまでは出来る筈という具体的な判断基準がある。それ故に、その通りに出来るかどうか?出来るならどうなるとか、出来なければどうなるとか、そういう判断基準も当然浮かび上がっている。
 つまり、自分で決めた判断基準に達するかどうかで、判る訳だ。

 拘っているのは、機材を道具として見て、道具を如何に思い通りに使えるか?ということである。これが正解か?というと、それは自分にとっての正解に過ぎない。自分の思い通りに使えればOKというだけだ。そして、自分が思い通りと判定する基準は先の条件をクリア出来るかどうかで判断しているだけなのである。

 ただ、その理屈を信用出来ないと突き詰める事は出来ないので、自分の理屈の根拠は、体力を推進力に無駄なく変換する上で、機材に掛かる力や伝わる出力、効率を自分の理解している自然科学の理屈に反しないモデルを作って付き合っているだけである。
 まぁ、何を信じるか?どのように進めるか?は人次第であり正解は無い。正に個人の自由。特に趣味の範囲では、その方法論に責任を持つ必要もないから気楽といえば気楽。気楽故に好き勝手試せるのである。

|

« やっぱり意味が見えない。 | トップページ | 情けないなぁ、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車でどうしたい?:

« やっぱり意味が見えない。 | トップページ | 情けないなぁ、、、 »