« やっぱり意味が見えない。 | トップページ | 情けないなぁ、、、 »

2011年11月19日 (土)

次のロータリーに望み、、

 来年でRX-8の生産打ち切りのニュースは周知の通り。
 しかし、マツダの社長がロータリーを続けると会見したそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000006-rps-ind

 これは期待したいけど、燃焼室形状を見ると比表面積を小さくする事が出来ないという問題はどうしようもない。圧縮比云々の問題もあるけど、何よりも燃焼室形状が厳しい。この形状は、熱損失的な問題と、爆発力を動力として取り出す際の伝達率の問題と、、、パッと見ただけで、そんな印象。勿論、自分自身はこのエンジンの大ファンっであり、ファンとしては生き残って欲しいけど、なかなか難しい。

 ふと思ったのは、このロータリーエンジンを土台に取り組むよりも、2ストロークエンジンを土台に取り組んだ方がもしかしたらブレークスルーが出来るかも、、、そんな気がする。

 まぁ、経営のトップが宣言しているというのは、少なくとも開発は継続されているだろうし、そのコスト回収のために次世代のエンジン搭載車が出る可能性は少なくない。そして、今度のロータリーは10A型から厚みを10mmずつ増やす事で12A、13Bと排気量を稼いできたエンジンとは別物になりそうだ。10A、10B型が単室491ccの容積、12Aが573cc、13Bが654ccであるが、今度のロータリーは16Xという単室800ccクラスの容積らしい。

 この次世代エンジンは、完全に新設計なのか?それとも、RX87の市販車であるFFのルーチェロータリークーペに搭載された13A型、単室655ccモデルのハウジング肉厚を増やしたモデルなんだろうか?恐らく、655cc版の肉厚を増やしたエンジンなのかな?という気がするけど、、、、とまぁ、そんな事が想像出来るだけ良かったとも言える。

|

« やっぱり意味が見えない。 | トップページ | 情けないなぁ、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次のロータリーに望み、、:

« やっぱり意味が見えない。 | トップページ | 情けないなぁ、、、 »