« 始めての補助輪外し | トップページ | 計算式の前に、 »

2011年12月10日 (土)

スポルティーフの灯火

 東叡のスポルティーフの灯火、どうしよう、、、、

 因みに、レストアしたマスプロスポルティーフのルマンでは、LED化したタンケンライト、それに、最新のリムドライブのブロックダイナモ、それからCAT-EYEのLEDライトの三連装である。これで、実際にAM3:30スタートのサイクリングでは夜道でも強烈な明るさで安心して走る事が出来た。
 この灯火では、LED化したタンケンライトの効果は今一、、、CAT-EYEのLEDライトはドロップハンドルのブレーキレバー下側でハンドル内側に固定したけど、この光量はまずまず、一番明るかったのは、リムドライブのブロックダイナモだが、この三つの灯火の照射エリアを分散させて使っていた。

 で、今度のスポルティーフ、、、デザイン的には、通常のLED化したタンケンライトは使うにしろ、他の灯火をどうするか?である。
 折角のオーダーだからソービッツあたりのダイナモライトも使いたいけど、このダイナモライトとタンケンライトでは照度は期待出来ない、、、、、となると、CAT-EYEのLEDライトを併用する?という案もあるけど、今一、、、、、ならば、ハブダイナモでホイールを組むか?という事も考えたりする。

 灯火の類、旅行車には結構重要なポイント。どうしようかな、、、、

|

« 始めての補助輪外し | トップページ | 計算式の前に、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポルティーフの灯火:

« 始めての補助輪外し | トップページ | 計算式の前に、 »