« 始めての補助輪外し | トップページ | 計算式の前に、 »

2011年12月10日 (土)

嬉しい瞬間

 物作り的、開発的な業務をしていて嬉しい時、、、

 それは、自分で問題やテーマを見つけて、独自の発想で目的を果たす事が出来た時が一番だけど、、、、それ以外の場面でも少なくない。

 研究や開発は、発想全てに着手する訳ではない。検討だけ、、、こういう時も多い。

 で、検討だけ、、、という場合、あるジャンルの覇権争いで何が主流になるか?とか、どういう方法論が生まれるか?という予想を立てて自社で行うかどうか?を検討するって場合があるけど、結果的に、自社で扱う事が無く、構想や検討のみって場合が少なくないけど、そんなアイテムでも、他社が自分の予想で成功したという話を聞くと大変嬉しく思う。

 誰かが自分と同じ発想で具現化する、、、、こんなに嬉しい事は無い。そして、こういう事が少なくない。こういう風に未知の第三者と思想というか知識がシンクロする時、それは、独自でモノを生みだした時とは別の感情が芽生える事がある。

 そう言えば、先行待機摺動システムのメカニカルデザインも、他社の権威的な先生と同じ様な考えであり、それはそれで結構嬉しく思う事が少なくない。

 そもそも、独占って事や、儲けようなんて事は考えていない。嬉しさの大元は、発想が他社と同期できるか?発想物が第三者から評価されるか?であるからだったりする。

|

« 始めての補助輪外し | トップページ | 計算式の前に、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい瞬間:

« 始めての補助輪外し | トップページ | 計算式の前に、 »