« 公園に狛犬 | トップページ | 三丁目の夕日'64 »

2012年1月19日 (木)

子供と勉強

 子供に算数を教える。
 算数は何故必要か?算数が生まれた理由は?、、、、そんな説明をするのだけど、算数っていうのは、実は集団で生活する際に必要な決まり事、法律の起源みたいなもの。算数というのは、時間の流れを遡る考え方にも通じるし、社会生活をする上で皆が納得出来る基本的なルールの一つにも通じる、、、、

 最近、子供に勉強を教えるのだけど、こういうスタンスで教えている。この教え方、自分が塾経営していた際に、生徒に教える時に使った方法。実は算数に限らない。理科や社会、国語にも通じる考え方。学年が上級になるにつれて変化する内容も、ある方向性を持っている。その方向性を習う側が判るように例を挙げて伝えるのが鍵、、、、

 子供に勉強を教える、或いは、部下や後輩を指導する、、、、それに必要なのは、内容の意味を理解していないと難しい、、、、これを理解するのは結構大変。

 結局は、科目の意味、色んな科目の共通性、、、、そんなモノを見抜くのが大事。見抜く力こそ重要で、見ぬき方を体系的に習い、それが実践出来る方向で高等教育はデザインされている。だから、、、、その段階毎の理解が極めて大事なのである。

 ただ、自分の力量から判断すると、日本の教育内容は内容に対して進捗が速すぎる。それ故に、理解に多くのタイムラグが生じ、理解したと判断するに多くの時間を要してしまっている。そこで、出来が悪い我が子に、タイムラグで苦労させないように道標を示してやるのが親の責任だろう。

 子供に勉強を教える、一方で、新しい仕組みを生み出す、技術を開発する、特許技術を生み出す、難題を解決する、万人向けの使いやすさを追求する、、、、これらは実は全部同じ事。その同じ事が判れば、案外、簡単に目的を達成する事が出来る。そんな感じ。

 在り来たりの知識を未来類推の手法に則って実践するだけ。そして、その行使は自分だけを見ずに、聞き手、使い手、習う側の目線で行うだけ。因みに、聞き手とか習い手というと、時系列でいうと過去の自分そのもの。そう言うモノ。

 しかし、この師弟関係が成り立つのは利害、競争が無い世界の話に限る。一般の世界では、優劣を決する要素=問題解決能力。つまり、違う括りでは、各自が切磋琢磨して凌ぎを削るのが本来の姿。競うべきフィールドでは、こういう考え方は敵に塩を送るようなモノ。

|

« 公園に狛犬 | トップページ | 三丁目の夕日'64 »

コメント

塾経験で一番嬉しかった事、、、それは、講師バイトから塾運営に専業し、バイト先から撤収する時ですが、その時の教え子、数十名が実家に自転車で押し掛けてきて、先生に止めて欲しくないと実家の親が伝言を承ったと聞いた時です。

他には、今のホームドクターが当時の塾の教え子で、医学部進学後医師となっている事。未だに先生と呼ばれたりします。
因みに、今でも面倒を見てきた生徒の殆どを思い出せます。

印象深いのは、大学卒業の謝恩会の帰りに、遠くから○○ちゃん先生!って呼ばれて、若い子達が集まってきて、それが教え子でサプライズしてくれた事も印象に残っています。

物作りよりも、、、、人作り、これがイイですね。

実は、そろそろ、転職して独立しようかな?と悩んでいたりします。

投稿: 壱源 | 2012年1月19日 (木) 13時41分

そうなんです。塾やってました。
塾のバイトは高2から添削のバイト始め、大学から講師のバイト、三年生からは複数の塾でバイト、四年次からは経営してました。塾は入社段階の面接でも副業を条件として数年間続けました。

塾で教えるため反復して自分も勉強する訳です。その内、何年の何月に何教えるというのが殆ど記憶されて、内容もテキストレスで教える事が出来るようになります。その域で、漸く、この科目のいわんとしている事が何か?科目を通して何を身に付けさせるか?が見えてくるんですね、、、

因みに、自分が塾で独立を図ったのは、その勘所を掴んだと思ったからで、自分の塾ではテキストレスです。大学ノートを持ってきて授業を受けてくれればテキストというか必殺参考書が出来るというスタイルでした。
因みに、小学校3年~予備校生迄幅広く教えていました。メインは、理数英でしたが、基本は全教科対応していました。
全教科を金取って教えても良いか?という所で、何となく、中高の科目の意味、共通性が見えてきたのが現実です。

つまり、中高の科目を自分なりに理解完了したのが大学四年ということです。ですから、、、遅い理解ですよ。

なお、大学で履修した科目は、、、、正直、細かい所は今でも判りません。理念、意味、目的といった部分は、大学院を卒業し、社会に出て研究活動を続けて4年目に凄く偉い技官の方と付き合うようになってからでした。

理解力の遅い自分の遺伝子を持つ子供達に理解の手助けをするのが責任かな?と思います。

投稿: 壱源 | 2012年1月19日 (木) 13時36分

壱源さん、塾の先生やってたの~~おまけに経営者
私がつぶやいてる内容、いつも浅くて恥ずかしい…

学校で習う事って、大人になって大事だったなぁと
思うんですよね。
お正月に主人が帰ってきていて、下の高校生は大晦日も
正月もなく勉強していて、
そんな娘とパパの会話は、いつのまにか、音速と光速の
話しになっていて、ついていけてないのは
私だけ~~(。>0<。)
でもそんな二人を見ていて、なんか嬉しかったのよね~~

投稿: ココうさ | 2012年1月19日 (木) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供と勉強:

« 公園に狛犬 | トップページ | 三丁目の夕日'64 »