« あれが競争する雨雲だ。 | トップページ | 朝日 »

2012年1月23日 (月)

フレーム

 最近、自分が乗る自転車のフレーム、用途別にこれだ!的なジオメトリーが収束してきた。
 ロード、ピスト、スポルティーフ等ツーリング、街乗り、、、、どれも違う。まぁ、用途、速度域が違うと姿勢が違う。変わった姿勢に適したジオメトリーが作る事が出来るフレームはどれ?って考えた結果だ。

 前傾度が変わると、骨盤、背骨の角度が変わる。サドルセンターからハンドルクランプまでの水平距離も変わる。つまり、トップ長も変わるし、当然、これに合わせて、サドルとハンガーのセットバックが変わる。

 その違い、小さくない。街乗りなら、スポルティーフのようなツーリングなら、ロードなら、ピストなら、、、で変わってくる。

 その拘りというのは、色んなタイプの自転車をタイプ別に乗りやすく仕上げていった結果、その数値を集計、作図したりすると明らかになる。

 それで、乗りやすい!となるのは、BSのテーラーメイドフレームから組んだトライバイク風ロード、ステンレスフレームで組んだロード、ミヤタルマンのスポルティーフ、シルクR1ピストってところ。この四台は、どれも身体に直ぐ馴染む。
 この次が小林製作所のレイノルズ531SLで組んだロードフレーム。これ、基本は乗りやすいけど、身長に対してフレームがチョイ大きめ、、、、それが残念。乗った感じはOKだけど、スタンドオーバーハイトが大きいのが厳しい。
 ダメダメなのがラングスター。これ、街乗りクロス風に使うなら元のジオメトリーは悪くないけど、DHバーでトラックレーサー、TTバイク風に使っている今はリーチ、シート角、コラムハイト全てダメ。殆ど、無理矢理ポジション変更している。これSサイズだけど、今ならXSサイズでないと厳しい感じ。

 そんな訳で、このラングスターのフレーム交換を検討している。因みに、決まったコースをTT風に乗るためのバイクだから、そういうフレームを探しているけど、、、良いの、無い、、、、、今流行のクロモリピストの競輪車両っぽいのは興味なし。TTバイクだからスローピングのガッツリ系のトラックレーサーが良い。つまり、海外ブランドに多い太いチューブのフレームだ。

 で、色んなブランドのフレームをロード、ピストに限らず見ているのだけど、、、、どれも今一。なんか、グッと来ない。乗り手がちっこいせいか、どのフレームも何だかなぁ、って印象。最近、ロードフレームも見るけど、、、、どうも、カッコイイブランドのロードフレーム、どれも買っても嬉しくならない感じが伝わる。まぁ、ロードフレームは既にお気に入りのロードフレームを持っているから問題ないし、スポルティーフフレームもミヤタルマンベースで作っているし、東叡社にオーダーしているから問題無いけど、、、、一言で言って、個人的な感想だけど、海外ブランドの多くは、もう少し手の長い人向けのような気がする。素の組み方で大きな落差を作った車体では、腰、背中、首を痛めそうだ。

 話を戻すけど、自分の持っている糞ラングスター、フレームをイイ案配のジオメトリーの一本に交換したいものだ。

|

« あれが競争する雨雲だ。 | トップページ | 朝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレーム:

« あれが競争する雨雲だ。 | トップページ | 朝日 »