« 今日の銀輪の風 | トップページ | 限界? »

2012年2月 8日 (水)

同じ二輪車でも

 単車も自転車も両方好き。
 単車では、好きな単車で好きに峠を走り回るのが好き。自転車も似たようなモノ。

 しかし、、、、自転車は思っている事を確かめる事が出来ても、単車については、最近は、必ずしも思いを確かめる事が出来るとは限らない。

 その理由、、、

 簡単である。

 単車の場合、、、、正直、チョイ怖いのだ。

 自転車では、、、、全く、怖さなんて無い。

 単車にしても、自転車にしても、自分なりに、どんな風に乗りたい、、、そういうのは有るけど、それを実践してトライするというところまで、自転車では出来ても、単車では出来ない。

 単車なら、例えば、ツインの中大型車でエンブレでリアがブレークした状態からリーンさせる、、、これは、ツーリング先でリアがブレークした時に、何とか反射的に対処出来ても、それを再現して頻繁にリアをブレークさせて、、、、なんて事は正直やらない。リスクを考えると躊躇する。
 立ち上がりにおいても、車体が或る程度起きた状態でパワーを掛けてリアを流す、、、、峠を長時間走っている時に、そういうモードになってアクセルを早めに開けた時にリアが流れる事はあっても、日常で早めのアクセルオープンで意図的にリアをスライドさせるなんて事は、、、、日常じゃ、やんない。そもそも、、、、今の感情では怖さが先に立つ。

 そう言えば、走り慣れた峠でも、車体を目一杯寝かせてステップを削りっぱなし、、、、そんな走り方、最近じゃぁする気も無い。理由、、、やっぱり、恐ろしいから。

 では、自転車ならどうよ?っていうと、自転車での関心事は、どういう漕ぎ方、どういう乗り方が良いか?を自分なりに考えて、それを試しているけど、その行為の中に怖さなんてこれっぽっちもない。

 単車に乗って今でも十分楽しいけど、自転車に較べると、やはり乗せられている感が強い。この乗せられている感を、操っている感に換える事が出来れば、一段と楽しくなりそう。
 暖かくなって路面温度がソコソコ高くなり始めたら、ちょっとそう言う方向に時間と関心を振り分けてみたい。

|

« 今日の銀輪の風 | トップページ | 限界? »

コメント

峠に入り浸っている時、、、そう言う事ばっかりしてました。
で、月に一度は派手に転倒、、、、

単車事故で一番酷いのは、大腿骨粉砕骨折。

今、転ける事ありませんが、、、、

昔みたいに、もっと速く!って意識が無くなったためですね。

まぁ、生活環境的に転ける事は許されない状態ですし、、、

投稿: 壱源 | 2012年2月 8日 (水) 00時35分

こんばんわ。
単車にしても、
自転車にしてもですが、
事故だけは
気をつけてくださいね。

投稿: ココうさ | 2012年2月 8日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ二輪車でも:

« 今日の銀輪の風 | トップページ | 限界? »