« CCDトイデジ | トップページ | 身の程探し »

2012年2月28日 (火)

改造しました

 今、小学4年の娘は身長が135cmくらい。去年の身長が128cmの時に適応身長135cm以上のルイガノのLGS-5Proを改造して与えた。改造はフロントフォークをリジッドフォークに交換して車高を下げてサドルハイトを下げて130cmでも乗れるようにしたのだ。

 その際、子供向けということで、フロントにバスケットを装着していた。バスケットは、慣性モーメントを小さくして乗りやすく、、、そういう方針で、小型軽量の子供車用のバスケットを装備した。モノは、、、、ブリヂストンの『エコチャンピオン』って子供車用の籠だ。

http://www.bscycle.co.jp/root/catalog/ecochampion08/index.html

これを籠だけ使っていたのだが、、、、これ、ボール一個しか入らない。

 で、三月から、何でも習い事を始める事になって、その道具が入らない、、、、ということで、バスケットを大きくする事にした。
 基本は慣性モーメントを小さく抑え、重量増も最小限に、、、、慣性モーメントを最小にして、鞄等の積載能力を上げる、、、、選んだのは、横幅が広め、底は普通、縦方向の幅が狭めのモノ。それで、ワイヤーバスケットでは、ワイヤー本数が少なく軽量なモノ、、、これを、なんとか工夫して装着。

 今度は息子の自転車、いつの間にか身長が113cmを越えている、、、、そこで、RITE-WAYのZIT-2020だけど、身長に併せてステムを40mmのショートステムから50mmのサイズに戻し、サドルのヤグラも逆ヤグラから通常位置に変更。

 二人に乗せてみると、、、息子はペダリングの窮屈さが解消したし、娘のハンドル操作に不具合は感じないし、お道具鞄もバッチリ積載可能。

 イイ感じである。

 で、、、、剰った『エコチャンピオン』の前カゴ、、、棄てるのは勿体ない、、、ということで、西DAHONに付けてみた。結構イイかも知れない、、、、
 しかし、、、我が家の折り畳み自転車、、、、オーバーデコレーションのデコトラ状態になりつつある。ルイガノも西DAHONも後のキャリア、前に籠、、、、、何とも言えない。アホだな。

 でも、折り畳み、小径の自転車なんて、そんなもん。その辺、チロチロっと走って便利に使うのが王道。だから、、、、籠があるのは或る意味正論だ。

 車型、用途に応じて嗜好がガラッと変わる。まぁ、普通だろう。

|

« CCDトイデジ | トップページ | 身の程探し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改造しました:

« CCDトイデジ | トップページ | 身の程探し »