« 下半身は安定が大事 | トップページ | 日常風景 »

2012年2月23日 (木)

学力中位層だけか?

 高校生の学力中位層だけ勉強しない、、、、訳無い。
 中学生も然り、、、、逆に言えば、高校生の学力上位層しか勉強していない。その層は如何ほどか?というと、、、

 学力を表す偏差値、これが正規分布に従うとすれば、40から60の間に約68.3%、30から70の間に約95.4%、20から80の間に約99.73%、10から90の間に約99.9937%である。つまり、学力上位の定義はいくら?偏差値70以上で2.275%、偏差値60以上で15.866%、、、、この辺だろうか?学力上位というと偏差値で60、58、55、、、、これが一つの目安。詰まり、上位15%程度、緩く見積もっても上位20%が学力上位層ということ。

 学力で上位20%、、、単純に大学の数は?っていうと、700校余り、、、700校の20%というと、、、140校。言ってみれば、上位140校以外が学力中位層の受け皿ということ。

 実際、数値を決める時。例えば、機械加工の公差を決める際、その公差の根拠に統計的な手法で、指定公差で製作したら設計数値を何%の割合で満たされるから、こうしよう!という思想で加工公差を決める人、、、、周りを見て居るか?というと、、、皆無。
 その狙い数値を決める時に、用いる論理を見繕って、モデルを作って数値解を出そう!っていう人が居るか?というと、、、、殆ど皆無。

 決められた設計数値というものに策定根拠が無く、その数値を具現化する上で必要な加工公差の決め方に統計的手法を用いない、、、、そんな奴ばっかり、、、

 このくらいで驚いてはいけない。高学歴と言われる部類の連中でも、事実を積み上げて結論を得るための道筋を立てるという考え方が出来ないのはザラだし、、、取り敢えずとは言え、大卒の肩書きがあっても、中学生レベルの算数さえ解けない奴もザラ、、、、

 何かする時に指示なんてものではない。指導?違うなぁ、、、手取り足取り、、、、そんな状況。ココまで掘り下げて、、、そういう必要性があるの?って、、、ジッと手を見る、、、そんな気分になる。

 そうであっても、一見というか、上辺だけは、それらしい話と体裁、、、よく聞くと、そこには根拠というか内容というか、、、そういうのが無い。

 技術力、開発力中位層的な企業、、、学力中位層の学生、、、中位というのは、実質、無力と同義だろう。

 まぁ、愚痴っぽいけど、年度替わり、採用のシーズン、、、こういう時期になると、何時も思う。ただ、それでも社会は回っている。今まで続いてきたということは、これからも、急に無くなる事はない。徐々に変化はあるかもしれないが、、、色んな層があるから社会や組織が成り立つのも事実だし、、、逆に学力上位層だけで、技術力上位層的な企業だけで、変わる訳でもない。大きな社会全体の中での競争力のある企業だけでは全てを変える事は出来ないだろうし、企業の中で極少数の上位層が奮闘しても変化が生まれるモノではない。

 こういう閉塞状況で何時迄今の社会が裕福を保ち続ける事が出来るか?が見物って言えば見物だ。

|

« 下半身は安定が大事 | トップページ | 日常風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/54045581

この記事へのトラックバック一覧です: 学力中位層だけか?:

« 下半身は安定が大事 | トップページ | 日常風景 »