« 発表会 | トップページ | 寒気去っても、、、 »

2012年2月 6日 (月)

returnable point

 過去にも記事にしたかも知れない。
 今のライフスタイルを作り上げたのは不惑になった時、三十代迄、死とか寿命とか、病とか、、、そう言う事を考えた事無かった。

 メタボ?関係無い。
 癌?ならないだろう、、、

 そんな感じ。そう思った理由。

 

体力低下を実感していない。
 病を患っている自覚症状がない。

 だから、命は当分大丈夫、、、癌や病は他人事、そう思っていた。

 しかし、、、、不惑になった時、十代、二十代の子とツーリングに出掛けたり、遊んだりすると、、、、

 何か違う、、、、

 ふと気付けば、ぎっくり腰多発するし、腰痛を慢性的に抱えているし、、、

 何よりも、同級生~ちょっと上の先輩の何人かが、癌、成人病等で亡くなっていく状況。

 その時が自分の身体は大丈夫?という意識が芽生えたのがTurning Point

 但し、その時点では、体力の低下を実感していない訳であり、簡単に元に戻す事が出来ると考えていた。
 根拠としては、自分の場合、二十代からスイム、筋トレを毎日でないにしろ続けていたから。

 因みに、二十代後半からスイム、筋トレを続けた理由は、三十代前半の時に友人と小排気量の単車競技にエントリーする事が決まり、身体を絞る必要があって、その時も短期間で15kg程度の減量を行っていたので、当然、三十代後半でも大丈夫と考えていた。

 その後、不惑の四十代に入って、四十代の間はずっと今のライフスタイルを保っている。保っているというよりも、運動量と負荷は確実に多く強くなっている。

 この運動を続けているけど、、、、実は厄年の頃から48歳を迎える今年くらいで、更に意識が一歩変わった。

 どう変わった?

 それは、、、48歳以降では、仮に三十代後半の弛んだ状態に戻ったとして、そこから再度の運動中心のライフスタイルで今の絞れた状態に戻れるか?というと、、、、多分、無理という意識を持った点。気付いたのは最近だけど、振り返ってみると、失った体力、健康を取り戻す事が出来るであろう最終ポイント、Returnable Pointというのは、もう少し前だったんだろう。

 なぜ、それを自覚したか?

 それは、運動を毎日続けているから判る事。
 自転車、水泳、筋トレ、、、これを同じメニューで毎日続けているけど、、、、
 最近は、疲労の回復度、疲労の程度から、追い込んだ時に行けるであろう限界が如何ほどか?が或る程度読める。

 今の段階で三十代最後の体型に戻り、健康が失われてしまったとすれば、、、
 当時行った三ヶ月で体重-20kg、体脂肪率-20%、胴回り-20cmという事は不可能。
 恐らく、薬物に頼って、干涸らびる、朽ちる、衰えるという方法しか選べないだろう。

 自覚として、Returnable Pointを過ぎた今、失ったら今の状態は二度と取り戻せないだろう。

 となると、生活時間の配分で、今を維持するための時間を犠牲にして、何か別の事に力を発揮すべきか?というと、実に悩ましい。

 っていうのは、一方で自分で自分の天職と思う教育産業へのトラバーユをすべきか?を考えると、今の状況を維持して成功させる事は難しい、、、難しいからといって、このままで良いか?というと、、、非常に悩ましい。

 今の健康を維持する時間を確実にしっかり確保しつつ、生活出来る状態というのは、多分、そう簡単には手に入らない気もする。

 思うに、、、、健康とは別に、存在意義を残す生き方を決断するには、Returnable Pointを過ぎる前にすべき、、、、時間は戻らないけど、それが最近感じる事。勝負するなら不惑前半迄だろうな。
 因みに、、、、Returnable Pointっていうのは、元に戻せる最後の状態。一線を越える前の状態。それを踏み抜いたら、、、、元に戻すのが現実的に厳しくなる点の事。重大疾病を発症したり、慢性疾患として発症したり、、、、そうなった時。

|

« 発表会 | トップページ | 寒気去っても、、、 »

コメント

おはよう御座います。

身体の事、機にしなくても40歳迄は普通に動くんでしょうね。
でも、動かなくなって気付いては手遅れ、、、

どこで気付くか?予兆に気付くか?

気付いた時、価値観を維持するか?変えるか?

これが人生というか、、、、

私は、身体を取りました。

投稿: 壱源 | 2012年2月 6日 (月) 07時58分

壱源さん、おはようございます。

身体の事は、体調に変調をきたしたり、
書いておられるように身近な人に何か
あって…という事がなければ、
なかなか見つめることが出来ませんよね。
女性は出産を経験したり、
その後ホルモンバランスが崩れたりすると、
否応なく自分の身体と向き合うことになる
のですけれど、
男性は仕事して、どうしても外向きに
なってしまい、自分の身体は後回しに…。
壱源さんみたいに、身体を動かす事が
苦にならない人でも、一念発起してその時間を
とるのは大変だと思います。
やはり、習慣でしょうか。
その習慣になるのがまた大変なのでしょうが。

壱源さんの夢、叶います様に祈ってます。

投稿: ココうさ | 2012年2月 6日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: returnable point:

« 発表会 | トップページ | 寒気去っても、、、 »