« 12ヶ月点検 | トップページ | 入社試験!? »

2012年3月 9日 (金)

フルサイズにDHバー

 先日は小径車にDHバーの話だったけど、今度はフルサイズバイクにDHバーの話。
 これに該当するのは、、、三台。

1.ラングスター、固定シングルピストバイク
2.BSテーラーメイドフレームのロードバイク
3.ステンレスロード

 この三台、基本はかなりの前乗りポジション。ハンドルクランプはサドル座面トップ位置からマイナス5~7cmという仕様。特に、ラングスター、ステンレスロードは深い前傾姿勢。

 ステンレスロードはDHバー装着後試走していないけど、ラングスターとBSロードは常用状態。
 ラングスターは固定シングルで、44×17という低いギア比だけど、DHバー付きで上は55km/h以上、ヒルクライム迄OKという仕様。BSロードでは太田川中流域、戸河内~可部の区間を殆ど40km/h近辺の速度を保って下れるし、やはり上は55km/h以上可能。

 この二台で思うのは、空気抵抗軽減の効果。DHバー装着ならではの走りが可能な点。

 勿論、前傾度がきつく、胸を閉めて乗るので身体の負担は大きいけど、その負担でも適う心肺があれば、これ程大きなメリットは無い。

 固定シングルにDHバー、、、、人によっても危険な乗り物とも見えるかも知れないが、それでもロスの少なさは特筆モノだし、キャリア+バッグ+重たいフレームのBSロードでも、そのハンディを帳消しにしてくれる走行性能が得られる。

 但し、心肺機能+前重心故の不安定さ、、、その辺をクリアする必要がある。誰にでも勧められるモノではないが、、、個人的には好き。

 但し、DHバーというのは、持続的に固定的なポジションが取れる場面向けに限られる。街乗りでDHポジションはナンセンスだろう。但し、川土手通勤とか、或いは、川沿いサイクリングとか、そういう場面では、この上ない武器になるのは間違いない。個人的にはDHバーは好き。ロードバイクなら、バーの先端にバーコンを付けて乗るのが一番良いような気がする。

|

« 12ヶ月点検 | トップページ | 入社試験!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルサイズにDHバー:

« 12ヶ月点検 | トップページ | 入社試験!? »