« 河原の緑 | トップページ | トイデジ、難しい »

2012年3月 5日 (月)

会話力

 最近は、研究発表会、学会、講演会、講習会、それから朝礼、会議等々で、色んな人の話を聞く機会があった。
 しかし、全ての話が面白い訳ではない。どちらかというと、、、面白くない話の方が多い。なお、ここで言う面白くない話っていうのは、内容に関心が、、、って話ではない。話し方の問題。
 基本、自分が話しを聞く場合、最初は、プレゼン資料、前刷りを見ずに聞いてみる。そうすると、最初の数分で、何となく、聞くか?聞けないか?というのが見えてくる。

 で、一番聞くに堪えない話し方、、、、それは、資料、前刷りの棒読み、、、そして、資料、前刷り無しでは代名詞だらけで全く見えない話。
 これが多いのは、企業の役員、管理職連中の話、、、、これは、真剣にくだらないし、つまらない、、、、読むだけなら、資料をメールで配るか、コピーを配るかで良いだろう。最初、目を瞑って聞く、、、、そうすると、30秒で判る。あぁ、、、、この話は聞く価値無いなと、、、、結果、強烈な睡魔が訪れる。そう、身体の優先順位で他の作業が出来ない空間で、話に意味が見えないとなると、、、、他の行動の余力を蓄えるというのが優先される。結果、、、居眠りなのだ。

 次、聞いて面白くない話、、、それは、伝聞に基づく話。実際の行動は他人で責任者が話す、、、それとか、マーケットの現状を説明するだけの役人の話、、、、こういうのは、ハートが籠もっていないからダメ。彼らが何処かで拾ってきた話し、、、そんな話はやっぱり同じ様に自分も何処かで拾っているのだ。そもそも、他人の行動の要約や総括を代弁しても、、、そこに行動の抑揚が見えないので気持ちを入れる事が出来ない。これも、、、睡魔がやってくる。

 最後、面白い話、、、それは、資料や前刷りは不要なのだ。そもそも、そう言う話の資料や前刷りは、話の内容は書いていない。話されるストーリーを補完する説明が散りばめられているような状況。つまり、大きなストーリーは話し手が持っている。その話し手の世界に引き込まれ、話し手の着眼や発見の要約が資料に散りばめられている、、、、こういう場合、話し手=行動者であり、話し手の伝えたい事=行動者の苦労に連動している。これが面白い。つまり、真剣な行動や探求を行った者のみが持つ真実が見える。こういう話が面白い。

 先週は、全部で13テーマの題目の話を聞く機会があったけど、集中出来たのは2テーマ。

 感心する一方で、、、、止めれば?辞めれば?って思う話の方が遙かに多いのが現実。

 こういう感心する話が自分の行動の刺激や、停滞をブレークスルーするヒントになる。

 まぁ、塾講師とかでも、資料を棒読みするような講師なんてゴミ以下だし、学校の先生でも然りだ。話して、面白くない奴の話を聞くのは、、、凄く苦痛。そんなもんだ。

 優れた組織には、上手い話し手が多く、組織上層には、上手い話し手が多い。上手い話し手とは、、、そう、自分の意志を段階を踏んで実践して苦労を乗り越えてきた人の事だ。当然といえば、当然の話。

|

« 河原の緑 | トップページ | トイデジ、難しい »

コメント

このブログ、健康、ダイエット、自転車ネタの他に、
チョイきつめの内容もあります。

それは、、、、このブログを訪れる同じ勤務先の人間への
メッセージも含まれています。
やはり、モノを作るなら、どういう意志が必要か?
機械を動かすなら、どういう配慮が必要か?
そうやって金を稼ぐなら、稼ぐだけの資質を磨け!
という啓蒙みたいなもんですね。

あまりにも、その辺が希薄な人が多く、それで金を得るのは
良いのか?という問い掛け的な要素が多分に含まれます。

この記事も、そういうニュアンスが90%ですね。

技術論なら数値計算の前に、論理を理解しろよ、、、
的な、そんな感じでしょうか。

投稿: 壱源 | 2012年3月 5日 (月) 08時37分

このブログ、見落としいていたので。。。
何故、私が壱源さんのブログに目を通す様になったのか分かる気がします。。。。
なんて偉そうだ、私・・
人を惹きつける会話同様、ブログでの文面も同じで、(知識があるかないかにもよりますが)読んでいる相手に伝えたい情報を明確に、自分の気持ちや実際の状況も踏まえながら。。。。。
ある意味、会って伝える事より難しい事だと思います。
壱源さんはそれがとても上手です。
写真や画像を組み込まないでもしっかりそれが伝えられる。。。。。。
読んでいてうなずかされる事が多々あります。だから面白い
今更ですが、読者登録させていただきます
これからも楽しみにしていますo(*^▽^*)o

投稿: chiffon | 2012年3月 5日 (月) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会話力:

« 河原の緑 | トップページ | トイデジ、難しい »