« インターロック | トップページ | あからさまに »

2012年4月14日 (土)

聞けない相談

 先の記事にオーバーラップするけど、受けられる頼み、聞けない相談、色々だ。
 何某かの行動を起こす。その行動の進め方自体を指南するというのは、如何にトップの頼みとは言え、聞けない相談。

 そもそも、行動とは何ぞや?というところ。それにストーリーを与えて、ストーリーを展開する手順を盛って、手順を進める上で必要な判断を決めて、その判断を理屈通りに下していく。

 こういうのは、新しい物作り、問題の解決、、、、ありとあらゆる事象に当て嵌まるのだ。

 で、一番大切なのは、ストーリー作り。このストーリーの作り方というか、作る事が出来るかどうか?というのは、行動とは何ぞや?が理解出来ていないとストーリーは描けない。そして、ストーリー自体は自由に発想出来るけど、マトモなストーリーっていうのは、ロジック的に破綻が無いもの。

 何かする時に必要な資質、、、それは仕切る人間がストーリーを展開出来るかどうか?であり、ストーリーを作るのは、物語の作者のような存在なのだ。そして、作者というのは、簡単にはなる事が出来ない。ある作者の作例を見て模倣する事は可能であっても、それはテーマが変われば、それに応じた作品を生む事は出来ないモノ。そういうもんである。

 ストーリーを作る能力、、、、それは、簡単に教える事が出来るモノではないし、行動に必要なストーリー自体を部外から提供すべきでも無いのである。
 ストーリーがあれば、物事が流れるか?というと、それも違う。ストーリーを展開するための手順も手順がストーリーの中で、如何なる役割を有しているか?が理解出来ていないと、手順のための手順になって、何しているのかが見えなくなる。そうなると、手順を進める上での判断のための知識も然り、、、、

 結局は、判断するための知識が必要で、判断するための手順、手順を組み込んだストーリーというのは全てがパッケージになったものなのだ。そのパッケージが組めるかどうか?が道理に適った行動が可能かどうかの分かれ目なのである。
 そういった力を、簡単に伝える事が出来るか?教える事が出来るか?というと、世の中、そんなに簡単ではない。
 簡単に誰々を指導しろ、教育しろ、、、という話を聞くけど、正直、それは出来ない。

 いや、出来ないというより、教える気が無いというのが本音だろう。

 当然、理解の度合は自分流であり、自分の理解の範疇だけど、それでも、自分なりに掴んだ何かというのはあって、それが実践出来てきたのも事実。それが識者から見れば幼稚な方法であったとしても、苦労して得た大事な財産という認識がある。それ故に、自分なりに苦労して掴んだモノを簡単に教える気には到底なれない。そんなに安っぽく教えるモノではないからだ。

 基本、何でもだけど、教えるのは自分の子供、それから、利害が絡まない関係で、結果を拙速に求めない弟子みたいな人だけ。それ以外に対して言う言葉、それは『As you like』ということになる。

|

« インターロック | トップページ | あからさまに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞けない相談:

« インターロック | トップページ | あからさまに »