« なつかしや | トップページ | 脚の守備範囲 »

2012年4月12日 (木)

甘いなぁ、、、、

 先日、昼休みにネットみていて、、、、『上司は褒めたつもりでも「褒められていない」と感じる部下が約半数埋められない課長と一般社員のギャップとは』って記事を見つけた。

 確かに褒めて育てる、褒めてやる気を、、、そういう話、聞くし、一利あるけど、、、果たして、どうなん?

 逆に、叱って指導しても同じミスを繰り返し、何度も何度も叱る側の気持ちは、判っているのかなぁ、、、同じ事を学生でないのに何度も叱る辛さ、、、、自分の子供、塾の教え子に指導的に叱る事を何回繰り返しても気にならないけど、会社に来て、給料貰う大の大人に、指導的に叱る事を何回も繰り返していると、、、、ココは会社か?という自問自答をしてしまう。

 経歴に見合った知識を当然として業務命令を与えても意味不明だったり、経歴以前の中学レベルの常識で何とかなる仕事を与えてもトンチンカンだったり、、、、それが事故の原因になりかねない、ヒヤリハットとなったり、、、そういうの、どう考えて居るんだろう、、、、

 最近は、メンタルヘルス云々、或いは、褒めて育てろ、、、そういう下から目線で上を責めるような意見が乱舞しているけど、一見被害者側の実態を何処まで記事を書く人間は理解しているのだろうか、、、、

 就職氷河期かもしれない。しかし、会社訪問し、面接を受けに来る学生全てが、それを言う資格をもっているか?というと、90%以上は違う。そりゃぁ、仕方ないだろう、、、と言わざるを得ない気もする。

 チョット怒られたら出社拒否、或いは、小言、陰口、、、こういうの結構多い。そもそも、教えて貰わないと出来ないから、教えない上が悪い。判らないような教え方をする方が悪いとか、、、、そういうの、有り得ない。下手すると、ドライバーのネジの回す向きが判らない奴も居る。
 最近、、、、、強烈な奴が多すぎる。

 まぁ、そういう人材を集める側の選ぶ資質にも問題あるし、そういう組織で物作りなんかしている場合、出来たモノの様は、えげつない程有り得ないようなモノも少なくない。

 昭和40年代から暫くはそれでも通用してきたんだろうけど、これからは、どうなんだろうねぇ、、、

|

« なつかしや | トップページ | 脚の守備範囲 »

コメント

>Chiffonさん
こんばんは!コメント有り難う御座います。
そうなんですよね、、、自分で限界を決めている、出来ないと決めている人、、、
そういう人の、そういう意識を変えたいのです。そのために、何処から話すべきか?話しても通じないもどかしさ、、、
こういう風に感じる事が多いです。

>すーさん
そうですか、しかし、その状況を客観的に判断出来る状況に無いので、コメントは出来ません。
ただ、私だったら経営者と対峙しますし、現にしてきましたし、今もそうしています。
仕事の量、、、過去を振り返ると1996~2003年の間、月平均の残業時間は95時間を超えていました。多い時は、年末年始の休日返上で200時間越えもあります。週に5日出張、帰宅は毎日午前2時、、、泊まり込みも当然ありました。
その頃は、残業時間が多すぎて、委託業務契約ということで、最後の3年は、残業時間制限無しで就業していましたね。
しかし、その一方で受けた仕事は、誰にも真似の出来ないレベルで仕上げ、途中の口出しはたとえ社長でも許しませんでした。
それは受けた仕事は、その会社において未来永劫自分を越えさせないレベルで全霊を注いでやってましたから、、、
現に、誰にも口出しさせません。誰かの注文は完璧に想定内となるように配慮もしていました。
その時の考えは、或る年齢、或る段階迄に、勤務先の一従業員の生涯貢献度を超えて、残りは、それまでの貢献を回収して過ごすように周りを作り替えるという意識でした。
そして、時は巡り今、、、実動で自分の手を使う事は殆どありません。
所詮会社組織です。負ける気はありませんでしたね、私は。
仕事如きで身体や心を壊す気はありません。それに対し組織に口を出すには、唯一無二の何かを身に付けることでしょう。
基本、やられたら、やり返す。それは、相手が組織でも一緒ですね。
私は、なるべく多くの人に自分ならではの何かを見つける事が出来るようになって欲しいと思います。
負けず、逃げず、やられずに、、、そう思いますし、そうなって欲しいですね。
勤務先には従業員の内で5%弱の心の病を抱えている人がいますし、予備軍もいます。そういう風になるまえに、気持ちを切り替えて強く生きて欲しいと思うのがホントのところですね。

投稿: 壱源 | 2012年4月12日 (木) 22時58分

工場で人の三倍の働きをしました。
それでも褒められず叱られてばかりいました。
叱っている内容は全く持って身に憶えのないことでした。
公にサービス出勤&残業を求められました。強制的に。
その上、機械からは安全装置を外されてまで
効率化を図られました。
働きすぎで過呼吸に陥っても早く働けと言われました。
やがてメンタルと身体両方を悪くして、辞めました。
会社からは自分理由でということにされ、
なんのケアも受けられませんでした。

でも、やっぱり生きている価値のない
謙虚を知らない強烈なヤツなんですよね?。

そもそもここに書くことこそがあなたの言うところの
陰口なのですよね?。

投稿: すーさん | 2012年4月12日 (木) 22時06分

どんな仕事においても言えますが、これは本人の問題だと思います。教わろう!覚えよう!と言う気持ちが欠けていますね 私は飲食店で働いて居ましたが、一度は教えてくれるものの、その後は聞く前にまず見て覚えるのが当たり前だった様に感じます。。。今は過保護になりすぎていて……。。。二言目には出来ない・分からない。。。むすくれるのだけは一人前……全ての人に当てはまる訳ではありませんが多い気がします。。こんな時代だからこそ、食い付いて来て欲しいとも思うんですがね。。。

投稿: Chiffon | 2012年4月12日 (木) 20時56分

こんばんは!
コメント有り難う御座います。
そうですね、我々より上の世代が作り上げた社会が次の世代を拒否している、、、そういう風にも捉える事が出来ますね。
ただ、我々より上の世代同士でも、そのような関係が多くなっているようにも感じます。
悪い意味での平等という扱いが、二種類の価値観を共存させてきたのも事実かと思います。今までは一方が他方も支える事が出来たけど、今は支えきれない、、、それが問題の露呈に繋がっているような印象も持っています。
旧来の支えられる人が皆を支えるというシステムでは、支えられる側の方が圧倒的に多数派でありますが、この仕組みを変えなければ、この問題の根本的解決には到らないような気もします。

投稿: 壱源 | 2012年4月12日 (木) 01時23分

こんばんは。うーん、一般論になりますが、子供が成長してゆく中で、教育を受けてゆく中で、漠然と抱いた希望を胸に、我々やその前の世代が作り上げた今の社会や会社組織が(半ば無意識に)受け入れられない、ノーと反応している、、とも考えられます。こんな社会は望んでいなかった、、と思いつつ我々も生きているわけで、、半ば無意識に、、という人はそこまでの理解力と忍耐が足りないのでちょっと始末が悪いですが、、、未来を変革する原動力になればいいのですが、変革できない閉塞感もありますね。これからの人は(深層心理的にですが)何を望んでいるのか、それが未来になるはずですよね。日本のシステムはその芽を摘み取ってしまっている危惧が少しあります。いちげんさんが気にかけている彼らが増えていることが、その兆候でなければいいのですが、、、

投稿: とおりすがり | 2012年4月12日 (木) 01時05分

こんばんは!
そうなんです。
一番許せないのは、、、今、判らない、今、出来ない。
それは許そうと思うんですが、
やっても判らない筈、出来ない筈、
それ故に、やらないという奴。

いるんです。

正直、生きている価値さえ無いと思ってしまうんです。

投稿: 壱源 | 2012年4月12日 (木) 00時31分

壱源さん、こんばんわ。
よくわかります。
世代間の差なのか、
能力の問題なのか…?
あと、注意されて、ふてくされちゃう
っていう人は、私の若い頃には
そんなに多くなかった気がします。
「謙虚」って言葉、知らない若い子
多いかも
すいません、話ずれました。

投稿: ココうさ | 2012年4月12日 (木) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘いなぁ、、、、:

« なつかしや | トップページ | 脚の守備範囲 »