« 高起動トイデジ | トップページ | 衣替えかな? »

2012年4月 3日 (火)

ボンゴ廃止とSkyactive-D

 マツダは2010年代後半には商用車のボンゴを打ち切る公算が大きいという。
 ボンゴというと小型ワンボックスの代名詞とも言える名前。これを打ち切る、、、そういえば、マツダのタイタンというのもOEMを受ける以前は、2トンダンプの代名詞的存在だったのだが、今やOEM供給の一つに成り下がっている。

 マツダ、、、、やっぱり基本を守って貰いたいモノ。次期ロードスター、アテンザ、デミオの話題もあるけど、やっぱり、小型商用車は大事にして貰いたい。

 CX-5でスカイアクティブDという名のディーゼルを大々的に売り出しているけど、あれの3/4、1/2仕様のディーゼルユニットで商用車展開出来ないのだろうか?2.2Lで175PS、42.8kg・mも要らない。1.1Lで80PSの20kg・mとか、1.5Lで120PSの30kg・m程度の商用ディーゼルで作らないのだろうか?

 辺に色気だしてスポーツ言う前に、ボンゴ、タイタン、ファミリアバンを新世代ディーゼルでラインナップして欲しいものだ。上手く行けば、プロ/サク、ADバン、NV200よりも旨味がありそうだけどなぁ、、、

 正直、昔のコスモ/ルーチェのセダンをショート化して作ったカスタムキャブってタクシー専用車があったけど、あんな体裁でバン仕立てにして、1.5L級のSky-Dでライトバン戦線に打って出て欲しい。

|

« 高起動トイデジ | トップページ | 衣替えかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボンゴ廃止とSkyactive-D:

« 高起動トイデジ | トップページ | 衣替えかな? »