« 今年の紅葉 | トップページ | 公道半径 »

2012年4月20日 (金)

TAKARAのPETIT SHOT

 最近は、マクロ撮影可能なトイデジというジャンルに関心アリ、、、

 ということで、先日、ジャンク品で大昔の小型トイデジ、TAKARAのPETIT SHOTって製品を調達してみた。
 一応、全部揃いのパッケージで、ドライバCD、接続ケーブル等が含まれている。

 因みに、このトイデジはマクロ撮影可能ではあるけど、データの取り出しがUSB接続でもTWAINドライバー経由であり、この機種の対応はWindows9X系(95/98/Me)迄というもの。

 それを承知で調達した。商品状態は中という状況。外観的な問題はないものの、背面の液晶の7セグ表示二桁分の表示の内、十の位の七セグの左上の部分が反応しないという不具合、、、まぁ、ジャンクだから仕方ないし、機能に影響しないからOKということで、使ってみた。

 当然、Win9X系のドライバはNT系OSでは利用不可能、、、、

 で、ネットで検索すると、、、、、本機の中身はSTV680というチップを使ったモノらしく、当時は中身が同じ機種が大量に存在しているらしい、、、特にNHJのChe-ez!系なんかがそうらしい、そしてSTV680のドライバは当時ならネットで調達する事ができていたとか、、、、但し、時代的には十年以上前の話。

 そこで、STV680.sys、STV680.infってファイルを検索掛けてみると、、、、見つかる事は見つかるけど、肝心のドライバに対しては殆どがリンク切れ

 色々と諦めずに探すと案の定、目的のドライバに到達。

 早速、このドライバをWin2Kマシンに組み込んだら、しっかりと認識。そして中のファイルも抽出可能。そして、普通に使える。

 これで、適当に撮影すると、、、、確かにイイ感じ。画質的には当時のトイデジ並だけど当時高評価だったWS30系なんかよりも室内ではイイ感じ。

 で、今回思ったのは、、、トイデジには潔くストロボを搭載していない機種がある。

 例を挙げると、、、、
・TAKARA PetitShot
・Intel Pocket PC Camera CS630
・Konica e-mini D

 他の手持ちの機種、ix-20、WS30系、AGFA CL18、e-mini M、LV20、iNC100、、、これらはストロボが付いている。

 ストロボ付きの機種に較べると、室内で明るく綺麗に撮影出来るようだ。トイデジという括りなら要らない機能は落として特化する方が良いのかもしれない。下手なストロボよりも、適当な懐中電灯で照らした範囲だけ撮るようなノリで良いような気もする。

 因みに、本機であるPetitShot、e-mini Dは電池が無くなると内部記録は消える。CS630は大丈夫。そんなこんなでCS630の使用頻度は最近高い。

|

« 今年の紅葉 | トップページ | 公道半径 »

コメント

こちらこそ、宜しくお願いします。

PS コダックブルー、いいですね。
当方も、DX3215Zoom、DC3800、E-500、C123、Z915が転がってます。この季節の空を撮影すると良い色がとれますね。

投稿: 壱源 | 2019年3月 2日 (土) 00時37分

壱源 様

今晩は、soramuraです。

コメントを読ませて頂き、そこまで考えて下さっていたとは本当に感謝しかありません!

懐かしいですね、CS630。私も所有していましたがうっかり落としてしまいそれ以来動かずじまいです・・・

その後コダックのDC215を随分長く使っていました。
当時のコダックは発色が他とは異なり銀塩に近い独特の発色が凄く気に入っていました。こちら時々現役です。
一眼も同時にやっていたので尚更発色が好きでした。

実は子供の趣味が、スマホで撮った写真をフィルターやエフェクトをかけまくって、ざらつき感や色味を昔風にすることなので、だったら、と引っ張り出してきたのがPetitShotでした。
すぐに見れない楽しさも含め、当時のトイデジカメは本当に楽しかったです。昔を思い出しました。

傑作!?が取れたらまたご報告させて頂きます。

今回の件、改めまして本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: soramura | 2019年3月 1日 (金) 21時26分

報告、有難う御座います。
画像が抜けて良かったですね!
最悪、BTScanの作者の方にメールしてファイルの二次譲渡のお願いをしようと思っていたので、現行のフリーウェアで使えるものが見つかって何よりです。
トイデジ、結構面白いので私も時々遊んでいます。
創世記のデジカメ、昔のトイデジ、面白いですよね。
実は、PetitShotは私は4台所有してますし、インテルのCS630も複数台あります。
面白いのは、一般的にはVQ1005系ですが、昔の三菱DJ-1000とか東芝のPDR-2、PDR-5も面白いですし、AGFAのephoto CL18も面白いです。昔のカメラ、色遣いが独特で、今の風景でも昔の風景っぽくとれるのが最高です。今のカメラ映像にエフェクト掛けても同じ絵にはならないので、なんとも楽しいですね。

面白い写真が取れたら、教えてください。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 壱源 | 2019年3月 1日 (金) 00時44分

壱源 様

今晩は、soramuraです。
またまた今回もお手数をお掛けして申し訳ありませんでした。

頂きましたベクターのソフトをDLしましたら、出ました!!
PETIT SHOTの中身が見れました!!

なんとお礼を申し上げて良いのか分かりません。
本当にありがとうございました!

きっと子供も大変に喜ぶことと思います。

改めましてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

投稿: soramura | 2019年3月 1日 (金) 00時13分

Twain対応のアプリケーションで現在DL可能なものは?ということで、引っ張ってみました。

https://search.vector.co.jp/vsearch/vsearch.php?key=twain%E5%AF%BE%E5%BF%9C

ベクターからのDLなんで、安心では無いでしょうか?

投稿: 壱源 | 2019年2月28日 (木) 08時14分

壱源 様

今晩は、soramuraです。

度々のご教示誠にありがとうございました。

早速btscan307.lzhとか、btscan305.lzh、btscan306.lzh等
検索してみましたが、既にダウンロードを提供していない状態のようでした。
DLページのリンクがあるページもありましたが、クリックすると既にリンク切れでした(泣

もう一歩というところまで来ている気がしますが、
肝心のTWAINドライバーが・・・と言った感じでしょうか。

因みに他の古めのトイデジカメのWin10用の読み込みソフトがあったので
インストールしてみましたが、やはりソフトがカメラを認識出来ず失敗に終わりました。

もう少し検索を続けてみます!
毎回本当にありがとうございます!!

投稿: soramura | 2019年2月28日 (木) 00時18分

因みに、BTScanのダウンロードファイル名は、たしかbtscan307.lzhとか、btscan305.lzhだったと思います。
これで見付かりませんか?

投稿: 壱源 | 2019年2月27日 (水) 00時25分

壱源 様

今晩は、soramuraです。
再度のご教示誠にありがとうございました。
早速STV680.EXEで色々と検索し、DL後exeファイルを実行してみました。
結果、デバイスマネージャーのイメージングデバイスに
「USB Dual-mode Camera」と表示されるようになりました。
あとは読み込みのためのTWAINドライバーですね。
試しに「VueScan x32」というものをDL、実行してみましたが「コンピュータに接続されたスキャナーが見つかりませんでした」となってしまいました。

TWAINドライバー(汎用スキャナードライバー)も色々あるようで、今度はこちらを探してい行きたいと思います。
色々とお教え頂きありがとうございました。

投稿: soramura | 2019年2月26日 (火) 20時58分

追記です。
STV680.sys、STV680.infというのは、STV680.EXEというWinZip自己解凍書庫としてあるようです。
当方もSTV680.EXEをダウンロードして取り出しました。STV680.EXEで検索すると、結構ヒットするのでDLは可能だと思います。
BTScanは当時ベクターでDLしたと思います。
なお、BTScanに限らず、上記ドライバーはTWAINドライバーですので、汎用のスキャナードライバーハンドリング用のアプリケーションなら何でも対応出来ると思います。

投稿: 壱源 | 2019年2月26日 (火) 08時11分

壱源 様

こんばんは、soramuraです。

早々にお返事頂きありがとうございました。

昔の記事実もかかわらずご対応頂きありがとうございました。

しかもWin10での動作確認までお調べ頂き誠にありがとうございました。
あとは2つの検索及びDLですね。

早速なんですがちょっと検索してみましたが、なかなか見つかりませんね・・・

根気よく頑張って見つけたいと思います。

投稿: soramura | 2019年2月26日 (火) 00時46分

こんばんは。さすがに、7年前の話ですので、、、、
ただ、記事にあるようにSTV680.sys、STV680.infで検索を掛けて探す事になると思います。このドライバーがあれば、ソフトウェアではBTscan3.07という取り込みソフトウェアをフリーウェアで当時存在していた筈なので、それと組み合わせればデータの抜き出しは可能だと思います。
なお、その組み合わせで確認したのは、Windows2000ですので、現行のWindows7/8/10で動作するかどうかは判りません。

ただ、現在、STV680のTWAINドライバーとか、BTscanが入手できるかどうかは、チョット判りません。

調べてみました。

BTscanは.3.07でしたらWindows10で動作するようです。
また、STV680ドライバは海外サイトで最新版をダウンロードすれば、同じくWindows10で動作するようです。

この2つをダウンロードしてセットアップすれば、恐らくPetitShot内のデータはWindows10でも取り込めると思います。

投稿: 壱源 | 2019年2月25日 (月) 23時56分

壱源 様

初めまして、今晩は、soramuraと申します。「PETIT SHOT ドライバ」等々検索しておりましたらこちらのページにたどり着きました!
初めてで恐縮なのですが、もしご存知であればお教え頂ければ大変助かります!

昔に買った、現在手持ちのTAKARA PETIT SHOTをどうしても、写真に興味を持った子供に使わせたくて、色々とインストールを試みましたがやはりWin10のOSではこのカメラは使えないのでしょうか?

投稿: soramura | 2019年2月24日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TAKARAのPETIT SHOT:

« 今年の紅葉 | トップページ | 公道半径 »