« 明るい、、、 | トップページ | 納得 »

2012年5月 7日 (月)

日本企画品が、、、、

 スポーツサイクルに乗って思う事、、、、
 ポジションの工夫等々の面で、、、、やっぱり国内メーカー規格品がイイ。

 舶来ブランドは、どうも違う。併せようと思えば、色んなトライが必要な感じ。で、我が家の自転車を見ると、フルサイズではラングスターを除き全車国産品。

 サドルとステムトップの落差、シート角、トップ長、、、このバランスを含めて、乗りやすいのだ。
 ラングスターはポジションを決めるのに随分と試行錯誤を行った。試行錯誤の結果、取り敢えず問題無いポジションは得られているけど、造作的に不格好。

 やっぱり、胴長、手短い、短足体型では、それに合った方が使い易いのかなぁ、、、

 フルサイズでBSのテーラーメイド、シルクのR1、ステンレスロード、ルマンスポルティーフ、、これら全部乗りやすい。一方で、ラングスターはチョイ厳しい。

 こんな事もあって、どうも舶来ブランドに関心が沸かない。非常に高価なブランドから安価なフレーム迄選り取りみどりだけど、、、、どうもピンと来ない。素材?そんなモンよりも、如何にしっくりくるか?

 何も意識せずに購入したスペシャのラングスター、購入当時のそのままのセットで乗り出して、、、脚は回らない、尻の座りは悪い、、、、その後、脚の回る位置にセットしていくと、サドルが割れまくる、、、そりゃ、そうだ。レールクランプの位置が悪いからサドルが変な変形するのである。最終的にはセットバックの小さいポストを向き換えで装着してサドル損傷は回避出来た。更に、同時にステムも換えたのだけど、これ以上短いステムが無いために、前傾度が想定より浅めのまま、、、欲言えばステム長はもう少し確保しておきたかった。
 結局、漕ぐという点だけでは取り敢えずOKだけど、トータルでは犠牲になっているポイントも少なくない訳だ。

 こういう制約というか難点は、今一。

 用途によってポジションは違うけど、少なくとも、ロード系、スポルティーフ系の国産フレームは基本的な構成で簡単に決めて十分快適なのだから、その違いがあるんだろう。

 ピストで深い前傾度で乗るには、もう少しトップ長を短く、もう少しシート角を大きく、、、、、そして前傾度を必要分確保しながらもステム長を過度に短くしたくは無いのである。
 こういうリクエストがラングスターでは適わない。

 やっぱ、日本企画品、、、、これが理想。 Designed in Japan!そんなフレームに拘りたい。

|

« 明るい、、、 | トップページ | 納得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本企画品が、、、、:

« 明るい、、、 | トップページ | 納得 »