« ツツジ | トップページ | 祭りの屋台 »

2012年5月11日 (金)

一番大事なのは?

 何と言っても、オリジナリティ、独創性、これに尽きる。

 個人的には、これが無いなら、何もしない方がマシ、、、、これが生まれるかどうか?それは、行為に託す願い、即ち、目的があるかどうか?に尽きる。

 このオリジナリティというのは、小手先の意匠変更とは異なる。敢えて自己表現した結果、訴求性の弱い改変が多々見受けられるけど、そういうのはメリットよりデメリットの方が数百倍は大きい。

 オリジナリティっていうのは、行為のジャンルを問わず発揮出来るモノ。幼稚園、小学生の学校教育の過程で習う事を理解するプロセスでも発揮出来るモノ。そういうフィールドが無いと出来ないという不平を言う時点で、オリジナリティを生み出す素地が無いと言いきって差し支えないだろう。

 因みに、採用面接で判断するのは、ジャンルや次元は関係無しに、そういう部分があるかどうか?
 人事考課で人を判断する際も同様。企業の製品開発力等を見て、組織や組織を担う人材の何かを判断するのも、その一点に尽きる。

 しかし、、、、そういう煌めきというか、そういうモノを携えている人や組織っていうのは、ホントに見る事が出来ない気がする。

 大学三年時の必須科目である工業製図の指導教官(教授)の授業では、学生毎に異なるテーマが与えられて、テーマに応じた指針、設計、企画書、それから製図、、、という授業があったけど、そこで単位が得られるかどうか?というのは、各段階にオリジナリティーがあるかどうか?と言う事が最重視されていた。
 その教官とは長い付き合いがあったし、意気投合して飲む事も多かったけど、やはり、そういう部分で価値観が近かったからだろう。

 因みに、この科目が原因で留年する人も多かったし、教官的にも学生の独創性の無さを嘆く事を進級後に聞く事が多かったけど、その思いが痛い程良く判る今日この頃。

|

« ツツジ | トップページ | 祭りの屋台 »

コメント

こんばんは!
そうですね、、、、そういう概念が無いというか、
端から諦めている人が居ますね。
経験値が低い、自分自身の経験を全く積んでない人の事でしょうが、
そういう人が多いです。
体裁、外見だけの模倣で、本質が見えていない人が凄く多いです。
っていうか、殆どがそんな人ばかりですね、、、、。

投稿: 壱源 | 2012年5月11日 (金) 00時28分

壱源さん、こんばんわ。
ちょっと違うかもしれませんが、
オリジナリティという概念が無い?人がいるような
気がします。
それは、経験値が低い人に多く見られる気が
するのですが、ひらめきがないというか…。
私が思うに、脳内にそれをつかさどる部分のない人、
または
経験値が低いためにその部位が発達しなかった人…
ではないのかなぁと思います。
ごめんなさい、だいぶズレテマス。
でも、会社で真似っこばかりで、アドリブの利かない
人がいて、その人を見ているとそう思えて仕方ないのです。

投稿: ココうさ | 2012年5月11日 (金) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番大事なのは?:

« ツツジ | トップページ | 祭りの屋台 »