« 不眠 | トップページ | 働く戦士? »

2012年6月23日 (土)

雨中自転車、、、

 週末、町内の道路を自動車で走行中、交差する脇道から、右側通行しながら、停止せずに、鞄を腕に掛けて片手で傘を差して運転する自転車が突っ込んできた。脇道が交差する箇所故に、徐行で5~7km/h程度の速度で移動中での出来事。

 相手は自転車はぶつかってきたものの、本人は傘を差したまま飛び降りて、、、、実際、左手で傘を差して右手で運転、土砂降りの雨中で右のキャリパーブレーキだけでは停止する筈もない。ぶつかる直前の運転者の表情も克明に撮影されている。

 因みに、見分段階では、自転車は勿論、車にも衝突痕が発見出来ず、ドライブレコーダーの画像を詳細にチェックした後に、隅々迄見ると、フロントの右角部のチンスポイラーのに自転車のタイヤのゴム痕が付着、、、、これか、、、、

 ドライブレコーダーの記録から計算しても、やはり車の移動速度は5km/h以下だ。

 まぁ、それでも届けは必要ということで、お巡りさんを呼んで報告、、、、

 すると、お巡りさんが一言、、、『相手の過失が主因であっても、相手が自転車なら貧乏くじ引いて損する目を見るのは、自動車側だから、ここは低姿勢に穏便に謝っていた方がイイよ、、、、』って助言。弱者救済という原則が過失を超越して適用されるとか、、、更には、『車も自転車も壊れていないようだし、自転車の運転者も転倒して居ないので、物損事故で示談にすれば終わりだから、、、個人的には低姿勢にしておくのが良いよ、、、』とのアドバイス、、、

 正直、お巡りさんの助言が無ければ、言いたい事を言いそうになっていたけど、、、、じっと堪えて、ひたすら低姿勢に徹する。

 勿論、警察を読んで事故証明の手続きを済ませ、加入している保険会社にも連絡をしていたのだけど、翌日には、先方が、保険会社さんに、もうOKですから的な連絡をされていたようで、保険の取り下げを先方から為されたので、結局は、保険を取り下げて、結局、何も無かった事になったけど、、、、、、、それって、低姿勢を徹した結果で示談になったようなもの。勿論、相手方も何も無かったのが良かったんだろうけど、、、

 正直、何か、腑に落ちないのが本音の部分。

 でも、こういう所に理不尽を感じていたらキリが無いのだろう、、、、

 しかし、、、、逆走、飛び出し、片手、傘差し相手でも、自転車対自動車というだけで弱者救済で自動車が完全に悪者扱いっていうのは、、、、何か釈然としない。これって、法律の整備不良だろう。

 因みに、雨中の傘差し運転違反は、本来なら5万円以下の罰金なんだよなぁ、、、

http://www.police.pref.yamaguchi.jp/0410/jitensya/jitensya3.html

 ということで、ここ十年の範囲で交通のトラブルを次は振り返ってみよう。

|

« 不眠 | トップページ | 働く戦士? »

コメント

コメント有り難う御座います。
多分、親切心での軽い助言だと思います。
記憶に謝りが無ければ、面識のある方だったように思います。

人的被害、物的損傷が双方で皆無だったからだと思いますし、
警官を呼んで処理が終わった時の表情としては、
この程度で呼んで、、、って感じが無くはありませんでした。

まぁ、取り敢えず終わったんでヨシとしましょう。

投稿: 壱源 | 2012年6月23日 (土) 12時25分

警察官って、事故処理のその手の事って、
民事不介入で、助言して良かったの?
親切心からなんだろうけど。

きちんと警察が処理するのであれば、
事故は事故、自転車の道交法違反は違反で、
別の事案とするはずなんだけど...
証拠の映像もあるわけだし...

必ずしも車だけが悪いにはならないだろうけど、
裁判になれば時間のムダではあるのか。

なんだか、大変でしたね。

投稿: えふ | 2012年6月23日 (土) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨中自転車、、、:

« 不眠 | トップページ | 働く戦士? »