« 藪の中に彼岸花 | トップページ | 宅配電気自動車 »

2012年9月30日 (日)

ノーと言えない、、、

 ノーといえない日本人、、、ありがちなフレーズ。

 でも、思うのは、ノーといえない管理職、、、、管理職といっても雇われだし、同族ワンマン経営だと仕方ないのかも知れないけど、、

 トップの前では、ノーと言わず、寧ろ、トップに意見を述べる事で煩わしい事が我が身に降り掛かる事を恐れて沈黙して、トップの対話相手となっている人に対して、気の毒だという思いを持つに留まるだけ、、、、

 それでいて、陰では、駄目だ駄目だと言い合っている状態。

 陰で駄目だと言うくらいなら、行き詰まって断念する前に、トップにノーと言えばよいのに、、、、

 少なくとも、本部長級以上、役員はそうすべき。

 行き詰まって断念する迄には、当然、或る程度の時間を費やす訳だ。時間を費やすというのは、時間も使うし、担当者もあてがうのだ。

 その時間は短くない、名指しで使命された担当者は、組織全体からの意見として、『気の毒に、、、可哀相に、、、』という風に見られる。

 結果、その取り組みは頓挫するのだが、その頓挫の状況は、取り掛かる前から皆が判っていた事。判っているが故に、否定的な感想を抱くのだが、その思いを口に出して『ノー』と伝えられないから、組織としては駄目と判っていても進む訳だ。

 結果が判っていながら、駄目と思いながら、、、、我が身に火の粉が降り掛からなければ、担当者を気の毒と思いながら、見て見ぬフリをする訳だ。

 これって、物凄い浪費。時間も金も無駄にする。

 一部の暴走によって、組織の総意として賛同が得られたと言えない案件を押し進めた結果、最終的に頓挫しているのだが、その進める際に招集されるのは、幸か不幸か、若くて優秀な人材。ただ、如何に若くて優秀であったとしても、周りが遠目で見るだけでは、若い人材だけの力でプロジェクトが進むのは難しい。

 思うのは、そうやって若い人材のポテンシャルを失わせてしまう事。

 それにしても、何故に、『ノー』といって若い人材を守る行動が出来ないモノだろうか、、、、

 それは、一部の上級管理職のみならず、組織全体に対する疑問。

 まぁ、、、、考えてみれば、経営者に楯突きながら意見を曲げずに過ごしてきたのは、、、周りを見る限り、自分だけだから、、、そういうのは難しいのかも、、、ただ、先日のネット記事で昇進人事拒否は懲戒モノとか、、、考えてみれば、何時クビになってもおかしくないっちゃぁおかしくないのだ。

 それにしても、無謀な命令にノーと言えず、放置してきた結果を見ても判ると思うのだが、、、現在進行形で見てきたり、過去の歴史上あった様々な事案で、組織の総意として取り組まず、強引なトップダウンで進めた案件が実を結んだ割合っていうのは、少なくとも、ここ最近の十年ではゼロ、、、、

 イイのか?これで、、、、

|

« 藪の中に彼岸花 | トップページ | 宅配電気自動車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーと言えない、、、:

« 藪の中に彼岸花 | トップページ | 宅配電気自動車 »