« 泥除けについて | トップページ | 情報と判断 »

2012年9月 5日 (水)

定年年齢

 高年齢者雇用、受け皿どうする?って記事をYahooのニュースで読んだ。
 これは、年金支給開始年齢迄の無給期間を働く事で、、、、という論法で定年年齢を延長するという考え方。
 この考え方で65歳迄雇用するということで、企業が若年層雇用の機会を狭めているのでは?と言う事等で頭を痛めているという話がニュースになっていたのだけど、、、

 正直、年金支給年齢をグッと引き下げて、定年退職年齢を50歳から長くても55歳とする方が健全なのでは?という気もする。

 仮に55歳以上を雇用するなら、企業体力を奪わないように公的資金から労働に応じた報酬を支払うようにする方が良いのでは?と思ったりする。それで支給される金額を、通常支給される年金額との兼ね合いで不公平感の無いルールで算出する等が一番スマートなような気がする。

 企業内雇用者年齢が55歳以下に保たれれば、若年層の雇用の機会も確保できるし、企業の支払う人件費コストもトータルでは圧縮出来るだろう。世代の入れ替わりが促進される程に、企業の代謝が高まるのも事実。

 これからは、定年年齢の思い切った引き下げが必要なような気がする。55歳定年制、、、或いは、50歳定年制で最長55歳がリミット、、、、こういう制度がホントは必要なのでは無いだろうか。

|

« 泥除けについて | トップページ | 情報と判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定年年齢:

« 泥除けについて | トップページ | 情報と判断 »