« 文系化? | トップページ | 骨というか、、 »

2012年9月12日 (水)

色々検討中

 勤続生活のラスト一回りを如何に過ごすか?結構悩みどころ。
 取り敢えず、年金は25年払い込めば、一応貰える状況だけど、これを一所の勤務で!というと、今の場所に、更に3年、、、、と言うことになる。まぁ、それに拘る必要も無いといえば、無いのであるが、、、

 自身で自己判断して、これぞ!って思うのは、やはり教育産業。十代半ばから三十代前半迄、塾等教育産業で色んな種類の仕事をこなしてきた。講師として考えると、対象は小学生から予備校生迄、学力レベルからいうと、、、取り敢えず何処でも学校へ、、、というレベルから、高校なら付属、修道は当然、ラサールとか開成、大学なら最高で東大、京大レベルから地元国公立大学、防衛大学、、、、と結構、幅広い対象の生徒を受け持ってきた。基本、全学年、全教科を教えて来たけど、やはり、理数科目が主体。

 因みに、行ってきたのは、ありきたりに講師、教材作成、入試予想問題作成といった分野から、脱サラで起業化するための立ち上げ補助とか、カリキュラム作成、講習会等企画、広告、、、と色んな分野だ。

 で、一番面白いのは、、、、講師、、、これは間違いないのだけど、、、講師の場合の勤務時間帯が生活時間の自由度が豊富にあった昔と異なるのが悩みどころ。三十代前半迄で自分の子供が居ない時は、どんな時間でもOKだけど、、、家庭における自分の子供の事を考えると、、、夕刻~夜間勤務は教育上如何?という懸念が払拭出来ない。

 そんな中、企画、教材作成、教室運営的な業務で勤務時間が朝~夕ってのを、幾つか見付けたところ。こういうの、悪く無さそう。

 色んな仕事がある。技術系、開発系、現業部門、ライン業務、販売、営業、、、色々だろうけど、

 基本、知恵を授ける仕事が一番良いような気がする。どんな仕事でも知恵は必要だけど、知恵自体が商品となる世界が一番だろう。知恵を使わずとも行える世界で発揮する知恵というのは、対価を得にくいのが難点。知恵が無ければ勝負出来ない世界の方が楽しいだろう。

|

« 文系化? | トップページ | 骨というか、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々検討中:

« 文系化? | トップページ | 骨というか、、 »