« スポルティーフの定義 | トップページ | 塾に通わせる? »

2012年9月19日 (水)

適材適所

 自転車に限らないけど、どんなジャンルでも言える事。それは、、、、用途に応じて特化したモノを使うのが使いやすいということ。逆に言えば、用途合わずは苦痛を伴う場合もあるだろうし、万能品は、どこでも100%の満足にならないということ。

 自転車、バイク、、、、なんでもそうだ。特に趣味とする世界では、凝ってくるとモノが増える。増えた方の多くは、用途別的に増殖する。

 となると、、、色んな用途別にモノが揃ってくる、、、すると、嗜む世界毎にモノを使い分けるのが一番イイと思ったりする。

 個人的には、体力作りで決まり切ったコースを定期的に走るなら、、、、平坦ならロードさえ不要、、、、日帰りサイクリングならスポルティーフ、連泊ならランドナー、市街地ならフェンダー付き実用車、小径車、クローズドコースならロード、、、、そんな感じ。

 逆に、市街地で通勤ロードとか、、、そういうの見ると、、、、それは違うだろう、、、って思う。

 健康作りに高級ロードも違うような気がするし、、、ロードに泥よけディバッグって出で立ちも違うような気がする。

 通勤ならAEONのアルミフレーム+カゴ付き+6段変速+オートライト、、、これが似合っているような気がする。

 勿論、選択の自由だけど、やはり、用途に応じた選択がモノの快適さの有り難みが感じられる。

|

« スポルティーフの定義 | トップページ | 塾に通わせる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適材適所:

« スポルティーフの定義 | トップページ | 塾に通わせる? »