« 微妙に広角 | トップページ | スーパーチャリダー発見! »

2012年9月10日 (月)

懐古

 現代ではスポルティーフとかランドナーというカテゴリーは絶滅しているといって過言ではない。
 今の時代、ロード、クロス、MTB、BMXそして、小径車という分類だろう。

 それでも、昔の自転車趣味からカムバックしてきた人間にとっては、ランドナーとかスポルティーフを懐かしんだり、拘ったり、、、、となる。

 では、今の時代、当時の価値観で見て納得できるランドナーとかスポルティーフを作ろうと思った時、何処までが許せるか?を考えてみると、、、機能的には現代のロードにフェンダー付けたらOKでも、多くの昔少年には容認出来ないだろう。

 まぁ、容認出来る限度が何処までか?っていうのは、正に人次第だけど、自分の場合はどうか?

 譲れないところと、今の時代に従うところを分けて考えると、、、

1.フレーム
 これは、どう考えてもクロモリのホリゾンタルが必須。ラグレスでもTIG溶接のビードが出ているのはNG。但し、エンド幅は現代の流儀で130mmか135mmだろう。逆に昔の120mmとか126mmに拘る方が不自然。

2.リム
 当然、銀色。黒はダメ。完組ホイールなんて論外。

3.クランク
 シマノのホローテック系以降のカブトガニはダメ。それ以前とかカンパ、TAならOK

4.積載能力
 フロントキャリア+フロントバッグ。一世代前のSTIでワイヤーの取り回し上、荷物をアタッチメントでアップライトに積載するのは論外。

5.変速系
 基本、何でもOKだけど、一世代前のワイヤー取り回しがハンドル内側の空間を占有するシマノSTIレバーは完全NG

6.ブレーキ
 スポルティーフならピポット直付けセンタープル。ランドナーならカンチブレーキ。それ以外はNG

7.フェンダー
 プラフェンダーは論外。アルミフェンダーに限る。ステーダボにアダプタータイプはNG。ダボ付きエンドが必須。

8.灯火器
 現代のLEDライトはOKだけど、それだけだとNG。最低でもタンケンライト、或いは、ブロックダイナモは欲しい。但し、電球自体はLED化する方が望ましいし、ダイナモドライブはリムドライブの現代的なモノでもOKだろう。

9.サドル
 穴あきアナトミック、、、NG。革サドルが基本。

 そんな感じ。こういう車体を手に入れようと思えば、、、当時のマスプロ車をオークション等で入手して、現代のパーツをアッセンブルするという形になるけど、所詮、当時のマスプロ車。流通しているのは、ルマン、ユーラシア、ラスコルサレベル。当時の6~7万円クラスだけど、それでも調達価格はベースとして考えると高価すぎるのが難点。

 そこで、パラッと探してみると

http://blog.goo.ne.jp/beatmoon/e/bc7a6004f82396c059f1b9745f5d569a

http://blog.goo.ne.jp/beatmoon/e/0c8a2e9bf3122037482482fe9b1e804c

 ってのを発見。ビートムーンさんのランドナーらしいけど、結構イイ感じ。値段もなる程価格。こういうのでスポルティーフがあれば良いのに、、、

|

« 微妙に広角 | トップページ | スーパーチャリダー発見! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐古:

« 微妙に広角 | トップページ | スーパーチャリダー発見! »