« スーパーチャリダー発見! | トップページ | 色々検討中 »

2012年9月11日 (火)

コストダウンしても、、、

 多くの企業では、製品のコストダウンで競争力アップ、、、って活動が盛ん。

 しかし、、、実際は、ネジの数減らしたり、材質を安価にシフトしたり、、、で、コストダウンとは違う、、、品質ダウンによるプライスダウンが殆ど。

 そりゃぁ、、、安く作れるように、グレードダウンするんだから、、、値段は下がる。

 しかし、、、これって正義?

 そもそも、売るために価格競争力云々で安く作る事が最初に頭に浮かぶようでは、、、、話にならない。

 この揚げ句の果ては、、、、その製品の価格相場を下げる事にしかならず、その業種、市場の薄利構造を加速しているだけである。

 勿論、価格が高くても売れるのが第一だけど、逆に、昨今の3Dテレビとか、4Kテレビとかに期待を掛けるのもナンセンス。モノには本来の立ち位置が存在し、その立ち位置の製品に掛けて貰える価格レンジが存在する。そのレンジを超越した値付けを、立ち位置以上の機能を与える事で行ったとしても、誰も振り向かない、、、、

 車でいう超高級車に多くの人が見向きをしないように、、、テレビに数十万円以上を支払う人は居ない、、、、4Kテレビでは250万円とか言ってるけど、、、、脳腐ってるだろう。それで事業が成り立つと考えているならば、、、、、ダメダメだろう。

 大事なのは、コストダウンに非ず、、、収益性を確保するための値付けで市場を席巻するための何かが必要な訳だ。そして、収益性を確保するための値付けは、その市場相場の範囲内に留めるというのが大前提。

 安価な大量生産品と価格的に懸け離れず、消費者が支払える上限金額の範囲で、それを選択する何かを付け加えるのが重要。

 逆に価格優先で、兎に角価格を下げるという努力では、、、、結局、他の製品と同じになる。最終的には価格だけでしか選ばれないモノ、、、となると、国内製造は壊滅するしかない。

 今、コストダウンを叫ぶ企業は多いけど、、、、恐らく、それしか言えない企業の将来、未来は長くない、、、、そんな気がする。

|

« スーパーチャリダー発見! | トップページ | 色々検討中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コストダウンしても、、、:

« スーパーチャリダー発見! | トップページ | 色々検討中 »