« 10/7~10/13の週の検索ワードピックアップ | トップページ | ヨーグルト+? »

2012年10月15日 (月)

鈍感

自転車の部品の性能に関する違い、雑誌、ブログ等々で結構違っているそうだ。

しかし、、、、正直、自分には判らない。重量差も今一、、、、リムの重量差、スポークテンション、フレームマテリアル、変速性能、、、、

ぶっちゃけ、サイクリングでフル装備のスポルティーフに乗っていても、ロードと似たようなモンだろう的な印象だし、、、、、

グラム単位の重量差で得られる違い、、、何も見えない。

多分、強烈に鈍感なんだろう。

但し、乗っている自転車の変化は敏感に判る。変化を感じた瞬間に、何処に起因するか?は瞬時に判る。それ故に、直ぐ対応出来る。

変速性能の低下、ホイールのスポークテンションの変化、微妙なポジションの違い、制動力の低下は直ぐに判るけど、、、、これらのパーツの違いによる乗り味の変化っていうのは判らない。

正直、普通のパーツは普通に組み付けて在れば、普通に同じような気がする。普通な状態が崩れたら判る、、、その程度だ。

個人的に考えられない表現は、ホローテックの踏み心地とか、、、しなやかなカーボンの乗り心地とか、、、コントローラブルな制動力とか、、、高級なホイールの回転感覚とか、、、、ホンマに判るのだろうか?

自分の場合、機材を変えて定例コース(平地、ヒルクライム)を走ってみると、、、どれに乗ってもタイム差は誤差、、、、となると、答えは一緒という結論。

真っ直ぐ車輪がついてガタが無くって、ポジションとロールアウト、空気圧が同じだったら、、違いなんて無いでしょ、、、、

|

« 10/7~10/13の週の検索ワードピックアップ | トップページ | ヨーグルト+? »

コメント

コメント有り難うございます。
そうですよね、、、そう言えば、最近はサドルの重量でダンシング云々に!ってインプレッションも在るし、皆凄いな!的な印象から、こんな記事を書くに到った次第です。

パーツのグレードよりも大事なのは整備状態ですよね、、、長期の放置車両での動作不良なんてモノしか判らないです。

投稿: 壱源 | 2012年10月17日 (水) 07時51分

その手の差って極限状態、
限界付近が違うところだろうか。
そこまで行かない通常の利用では、
そんなに大差ないでしょう。

ホイール、タイヤは
限界の挙動に差が出やすいけど、
そもそもそこに行き着くまでの
乗り方をしているかどうか。

投稿: えふ | 2012年10月17日 (水) 01時47分

こんにちは!同じ感想を持つ人が居て、嬉しいです。
中高生の頃は、最高級グレードを好んで装着していましたが、最近は機能すれば良い的な考え方の方が大きいです。
勿論、高級ブレードの部品も好きですが、正直、性能云々というよりも、、、純粋に見栄えの面だけです。

キッチリ組まれて調整されていたら、、、正直、それで全然OKです。

傾向として、、、小径車に最高級グレードって組合せはしないなぁ、、、

投稿: 壱源 | 2012年10月15日 (月) 13時03分

こんにちは。確かにそうだと思います。差があっても些細であったり、また、その「しなやかなカーボンの乗り心地」が速く走れたり、疲れなかったりする現象とどのくらい連動するか、と言うと微妙だと思います。ただ、高い品ほど利益はたくさんとれる価格設定にしてるのでしょうから、メーカーは高い品を売りたいし、雑誌等では広告を貰っているので誉めるんでしょうね。自分のロードは最初組み付けた高価格パーツが劣化して、どんどん廉価品に変えてますが、殆ど変わらない・・・と言うのが実感です。

投稿: naugosan | 2012年10月15日 (月) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈍感:

« 10/7~10/13の週の検索ワードピックアップ | トップページ | ヨーグルト+? »