« 後方は兎も角、前ぐらいは、、、 | トップページ | 価格の実体は? »

2012年10月13日 (土)

次のターゲット

 50代で付ける時計を思案中、、、

 30代で使っていたのは、SEIKOのCal.4S15を搭載したアルピニストだ。自動巻ながら精度良く使えた良い機械だった。これは、この時代の活動パターンにマッチしたデザインで非常にお気に入りだった。このモデルは、自動巻機構が故障した事で買い換えたのだが、一応、完全に修理OHして現在は保管中。

 そして、40代の今使っているのは、Cal.7S25を搭載したブラックサムライチタン(国内版)だ。これはキャリバーは普及品だけど、ボディ、ベルト共にチタンで軽量、そして200m防水付きで日常使いの厳しい環境には打ってつけのモデルとして愛用してきた。これも良い機械だった。但し、日常生活での使用では本体の疲労が激しく、ベルトピンの交換出来ない部分の折損により買い換えを見当している。

 で、次は何?っていうと、、、今度は、キャリバーで6R21か奮発して8L35を搭載したモデル。
 何でも構わないといえば構わないけど、今迄の選び方とは違う選び方で選びたい。
 パワーリザーブ表示に拘るか、或いは、シンプルイズベストの考え方で選ぶか?ということ。因みに、パワーリザーブ表示なんて小細工なら、壊れそうなんで安物で選びたい。
 しかし、普及価格帯の4R系モデルは、7Sライクな4R15、手巻き+カレンダー付きの4R35、曜日表示を加えて4R36、24時針の4R37、覗き窓付いた4R38、それに24時針の付いた4R39、、とくるなら、これにパワーリザーブ表示付けたのラインナップしてくれれば良いのに、、、で、パワーリザーブ表示が選べるのは、6R20/21、4S29/36、それから6S37のどっちか。複雑なのは壊れそうだから、取り敢えず6S37は没だし、これなら安価な6R20/21かな?と思ったり、、、
 一方で生活パターンから考えると、頑丈な奴となる訳で、そうなると8L35もモデルかな?と思ったり、、、

 ということで、SEIKOの6R21か8L35を搭載したブライツの自動巻のモデルから気に入ったモデルを調達したい。

|

« 後方は兎も角、前ぐらいは、、、 | トップページ | 価格の実体は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次のターゲット:

« 後方は兎も角、前ぐらいは、、、 | トップページ | 価格の実体は? »