« 凝りもせず、、、、 | トップページ | トイデジリニューアル »

2012年11月 8日 (木)

大学多すぎ、、、、

田中大臣の大学新設認可取り消し騒動。

因みに、この騒動、現審査体制では認可決定出来ないという意味だったそうで、新しい審査基準の上で認可するから、チョット待てという事らしい。

まぁ、発表の仕方、報道の仕方で、現審査体制だけで認可しないという事を認可取り消しと捉えたのが騒動を大きくしていると言いたいようだ。

新しい審査基準を設けると言う事に反対意見も多いようだけど、正直、現審査体制で認可した上で、一定の期間が健全な大学として運営されたかどうかを判断してというスタイルなら誰も文句言わない気もする。所謂、車でいう仮免許制度みたいなモノ。これって民間の自動車教習所が一定の合格者を輩出しないと公認自動車学校に成れない仕組みと同じ考え。これがベストだろう。

まぁ、そんな事はさておき、、、、

その直後、たけしのTVタックルでも、その話題。

大学、、、多すぎるのは確か。

大学の夏休みに高校数学の補習、高校で中学の補修、、、入試したのに何故に?って感じだが、履修を理解した上で上位を選抜するための入試とは異なり、履修を理解していないながら、どれがマシで定員を埋めるための選抜という入試。

入試自体が意味が変わっている。習った事が判らないでもOK的なのも不思議、、、、

昔、、、、大学院の入試では、上位何名という括りに加え、科目毎に足切り点があって、合計でOKであっても、一つでも足切り以下の結果があればNGだったけど、、、そういうのが無いのだろう。

入試自体、必要最低限度の修得ラインを設けた入試が必要ではないか?

そう言えば、ここ数年、入社面接官もしているけど、、、大学生でも高校数学も殆ど理解していない学生が殆ど。そう言えば、部下の工学部卒、、、、中学生の食塩水の濃度の問題も理解していない。

結局、大学が多すぎるから、こうなっている。

田中大臣の言わんとする事、一理ある。

学生のライフスタイル、価値観、、それが現代と過去で違うのは当然だけど、責めて、修了、卒業したのであれば、そこで学ぶための必要条件くらいは理解すべき、、、、ここでいう、学ぶための必要条件っていうのは、大学理系を卒業したのなら、高校理系科目くらいは身に付けておけという意味。大学理系を卒業したら、大学理系科目を理解しろというのはハードル高すぎだろう。
大学理系講座の知識を期待するなら、その講座の大学院卒くらいは必要だろう。

或るレベルの知識は、その一つ先の学府の卒業っていうのは基本だろうな。

その理由は、、、、学府に卒業試験ってモノが基本存在しない。一つ上の入学試験が相当する。つまり、一つ上の入学試験をクリアして初めて一つ前の学府の科目を理解したと認定出来るようなモノ。

大卒理系なら高校理系科目くらいは理解するのが学生に求められるマナーの筈だが、『情報、環境、システム、IT、国際』といった修飾語の付いた学校、学部の卒業生は、一つ前の高校科目の理解さえ怪しいのが現実。

|

« 凝りもせず、、、、 | トップページ | トイデジリニューアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/56055050

この記事へのトラックバック一覧です: 大学多すぎ、、、、:

« 凝りもせず、、、、 | トップページ | トイデジリニューアル »